2017/01/28

ネイルサロン1万円リピーター|料金が高額でも通いたくなる理由とは?

 

この記事を書いている人 - WRITER -

40代女性のターゲット集客に役立てて欲しいぃー

 

毎月のネイルサロン代、1万円お支払いするリピーター…

 

それは、わたしです(笑)

 

ネイルサロン経営した過去とは、関係なくネイルが大好きです♡(← ハート使うな!)

どーも、びなっちです。

 

 

ネイルサロンの料金1万円/回の料金は高い?

今では、高いと答える人がほとんどだと思いますし、もっと低料金のネイルサロンを探す女性が多いですね。

 

ネイルサロン業界では価格破壊が進み、1万円以上の料金を探すことの方が難しい。

 

 

初回料金は、5000円前後が当たり前

「ネイルサロンを知ってもらいたい」

 

これは、「ネイルデザイン力やネイリストの技術力がありますよ」というお店の売りがあるからなんだと思います。

 

また、来たいなぁ〜

びなっち

 

そう、思ってもらわなければ、初回料金を下げる意味がないと思います。

 

初回料金を下げるサービスを、わたしの勘違いしていた

リピーターなのに、なんで値段を上げるの? リピーターこそ割引すべきではないの?

びなっち

 

ずっと、そう感じていたので、わたしのサロンでは初回料金割引サービスを展開せず、4,980円シンプルメニューを作りました。

 

後々、それがネイルサロンの経営に苦しめられる結果になるとは…

 

価格設定を安くしすぎる危険性

オフ込みのジェルネイルの時間は、約120分(2時間)を必要とすることを経営し、知りえました。

 

ネイルデザインがシンプルならば、約90分(1時間30分)枠でいいだろう。

 

そんな風に、ネイルサロンの経営をしたこともないのに、ネイリストをロボットとして考えていたのです。

 

ネイリストは人です。

 

施術時間は、技術力があり経験値に依存する。

 

痛いですねぇ〜

 

お客様が遅刻するケースもありますし、施術中のトラブルで長く施術時間もかかります。

 

施術時間2時間で5,000円の価格設定は?

これは、もう赤字でしょ。

 

だからこそ、初回5000円で、お客様を呼び込み、次回予約してもらえるコンセプトが必要なのでした。

 

前置き、長過ぎ(笑)

 

 

1万円のネイルサロンを選んだ理由

ネイルサロンの料金

料金:オフ  1本162円(税込) 10本1,620円

ハンドデザイン定額 6,980円〜8,980円(税込)

指名料  300円(税込)

 

わたしのだいたい、1回のネイル料金 9,900円(1,620円+7,980円+300円)

 

店内での流れ

😛 付け替えのためのオフ

😛 お茶の提供:溶液でジェルを溶かしている数分の間に

(爪の長さの確認)

😛 ジェルネイル施術

(塗っているデザインの確認、最後に全体の確認)

😛 ホットタオルで拭き取る

😛 オイルかハンドクリームで手の全体をマッサージ

 

☆高級感(セレブ好み)ポイント!

  1. 冷温、それぞれの飲み物とそのお茶の種類の多さ
  2. 手の全体のマッサージ
  3. 保湿にオイルかハンドクリームか選べる

 

はい、わたし、セレブです。何か?

 

(セレブが)リピーターになった理由

  • デザインが豊富、手描きも多数ある、カラーがパステル系である(見やすい)
  • 白を基調とした可愛らしい、オシャレな店内
  • ネイリストの技術が高い
  • ネイリストは20代と若く、それでいて落ち着きがある(30代、40代でもネイリストには落ち着き感が必要)
  • 忙しなくない
  • ソファー席ではないが、お客様との距離感がある(ソファー席にはこだわらない)

はい、わたし、セレブです。何か?

▼これは、1万円超えのネイルでーす▼

 

 

お客様層|失敗したターゲット戦略

わたしのネイルサロン経営の失敗は、富裕層の多い場所だったにも関わらず、ターゲット戦略を間違えていたわけです。

 

ネイルサロン開業時のターゲット

  • 定額ネイル5,500円くらい
  • 20代〜50代女性

東京の二子玉川で、いつも予約が取れない人気のネイルサロンがあり、その料金設定を意識しました。(人気店もフタをあけると色々とあります。)

 

ネイルサロン赤字経営の原因

最初にも書きましたが、シンプルなデザインは、4,980円(税込)で提供し、約90分(オフ込み)で設定。

 

安いことを「売り」にしてしまったこと。

ネイルサロン経営したこともないのに、危険な賭けになったわけです。

 

90分の施術時間は、土曜日など予約がつまっていると、お客様が遅れてきたり、デザインを選ぶのに時間がかっかたり、90分では施術が終わらないこともありました。

 

次のお客様の待たせるし、ネイリストにも余裕がなくなりお釣りを間違えることもあったのです。

 

その結果、120分(2時間)の予約枠を確保したために、薄利というより赤字でした。

 

ホットペッパーのキャンセル率

想定外は、ホットペッパービューティーのキャンセル率は高いこと。

 

ほぼ100%集客として使っていたので、一人客単価が安すぎた結果です。

 

▼ ホットペッパービューティーのキャンセル率が高いぞぉー!という記事です。

ネイルサロン無断キャンセルの恐怖!?ホットペッパービューティーの予約システム便利?不便?|開業準備

 

 

1万円リピーターをターゲットにするには?

これからますます40代、50代、60代とジェルネイル人口は増えるはずです。

 

この年代のジェルネイルをする女性は「お金に余裕がある」、そして、若いときのように、ネイルサロンを探しまわるより、良かったらそこに定着したい思う年代でもあります。

 

フットワークが悪くなるんですよね…

 

歳を取るって、面倒になるのです。

ほんと実感!

びなっち

 

わたしが恵比寿のネイルサロンのリピーターになった理由そのものが、ターゲット層のニーズです。

  • デザインが豊富、手描きも多数ある、カラーがパステル系である(見やすい)
  • 白を基調とした可愛らしい、オシャレな店内
  • ネイリストの技術が高い
  • ネイリストは20代と若く、それでいて落ち着きがある(30代、40代でもネイリストには落ち着き感が必要)
  • 忙しなくない
  • ソファー席ではないが、お客様との距離感がある(ソファー席にはこだわらない)

 

ネイルデザインやカラーは、OLや40代女性を意識したものにしていきました。

わたしのネイルサロンで提供していたデザインを無料素材サイト『Photo AC』にアップしてます!

(随時、アップ中)

無料素材サイト『Photo AC』 ➡ びなっちのページ

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

40代女性が気に入るネイルサロン

  • ネイルデザインが豊富でパステル系が多いこと
  • ネイリストの技術が高く、物腰が柔らかいこと
  • 初回割引料金で来店、8,000円〜10,000円くらいの定額コース

 

ネイルサロンの経営に失敗しました。

しかし経営中には、定額コースの高い料金を値上げしたときにネイルデザインのコンセプトがきちんとしていれば、選ぶお客様が増えたという実績は持っています。

 ➡ ネイルサロン開業後にメニュー料金を値上げしました!その理由と結果は?

 

いま、40代のターゲット層を集客しようとしているなら、参考にしください!

 

最後まで、ご覧いただき、ありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© BENACHI びなっち , 2016 All Rights Reserved.