ネイルサロン開業するには|他店調査チャック17項目でわかったこと

これ男性オーナーだと難しいのですが…

 

ネイルサロンを開業するには。

 

ライバル店チェック

繁盛店チェック

 

どーも、びなっちです。

 

 

ネイルサロンに働いてみる方が、経営状況がわかり早いですけど…・・

 

ネイルサロンを開業する前に、出店地域だけではなく、色々と調査してきました。

 

[lnvoicel icon=”https://beauty-nachi.info/wp-content/uploads/2016/05/binachi_hanasuopen.jpg” name=”びなっち”]

「覆面調査」ってやつです。[/lnvoicel]

 

 

ネイルサロン開業するのであれば、とても大切な準備の一つです。

 

あなたが、男性なら「行ってきて、感想聞かせて!」だけではNGです!

 

きちんと、繁盛店やライバル店となるネイルサロンの状況を確認し、簡易報告書を作成してもらいましょう。

 

あとあと、比較するときに役立つ、そのチェック項目をお伝えします。

 

 

ネイルサロン覆面調査チェック項目

[aside type=”sky”]

  1. 実施日
  2. 入店時間
  3. 初回来店時のセレモニー
  4. 席数・内装
  5. ネイルデザインの選び方
  6. ネイルデザインの傾向
  7. ネイル用の機材
  8. 施術などの説明
  9. 施術中
  10. 料金設定・会計
  11. 出店時間
  12. 滞在時間
  13. 混雑状況
  14. 担当ネイリスト情報
  15. ネイリストとの会話
  16. 他のネイリスト
  17. 感想

[/aside]

ボリュームある内容であり、その場で書き留めると『えっ?この人、ライバル店かも!?』と疑われてしまうので、覆面調査は、記憶力です!

 

 

実際の覆面調査報告書

[lnvoicel icon=”https://beauty-nachi.info/wp-content/uploads/2016/05/binachi_hanasuopen.jpg” name=”びなっち”]

これが、覆面調査をした時の一部です。[/lnvoicel]

実施日:2014/4/◎◎
入店時間:10:00
(席へ誘導)

初回来店時のセレモニー:

顧客カード(名前/住所/電話/生年月日/知ったきっかけ)へ記入

お茶(冷たい)が出た(ふた付き)

席数・内装:2LDK(6畳)ネイル3席(そのままの席でフット可能。足を乗せる台を用意し施術していた。)

一人用のソファは、120分は腰が疲れる。背もたれを使わないなら、椅子がベスト

テレビを設置していた(壁掛け)

ネイルデザインの選び方:クリアボードにチップを貼っている(7列15くらい、約90くらい。後ろに色番号)

・色見本⇒7列15くらい、約90くらい。後ろに色番号

・デザインは3本(両手で6本)⇒ あとの2本(両手で4本)は、ワンカラー(グラーデーションなど変更も可。料金発生)

・定額毎にクリアボードを作成(iPadでも見せていた(フット))

ネイルデザインの傾向:奇抜なアートもあるが、可愛い系、根元クリアが多い(OLを意識)新しいデザインを制作している感じがしない。

ネイル用の機材:オフは、機材で削る、1本毎にアセトンで落とす。

LEDライト※自動センサーでは対応していなかった

施術などの説明:硬化するときに熱くなります。我慢しないで出してくださいね。

施術中:

オフ6本ドライケア。削りのゴシゴシ感はなかった(カルジェル系のドライケア)その後、スプレーされた(中身は不明)

①クリアベース塗り 2本単位、親指は1本(Can I 製品)

②デザイン(ハートプッチ) 2本(白/ピンク/赤)時間は30分以上。色は2回塗り⇒発色がキレイになる?

③斜めフレンチ(筆は斜めフレンチ用) 6本(ピンク)2回塗り

④ライン書き(ハートプッチの箇所で時間がかかる)

⑤ストーン 4本×3粒 ⇒クリアジェル塗り

⑥トップコート (ハピネス) 2回ランプに入れる

濡れタオルで表面を拭き取る

⑦オイル塗り、終了(5種類の香りから選ぶ。ペンタイプ)

ネイル写真を撮影

 

料金設定・会計:支度が終わったら、玄関先のカウンターで会計(レジスターあり)

初回割引料金あり。

初回価格(4,980円)とリピート価格(6,500円/6,900円)

追加メニューが多く、勧められる。トップコートも紫外線、発色が良いもの300円とあった

メンバーズカードを渡される

出店時間:12:00(ネイル完了11:55)
滞在時間:120分(時間としては長い・・・デザインの問題)
混雑状況:3席は満席(10:00 2名 11:00 1名来店) 二人とも”シンプルデザイン”を好む。終了後一人はフットへ

担当ネイリスト情報:

◎◎さん とても良い感じの人

(OL5年くらいから転身ネイリストへ。建築会社で先輩がネイリストになった。姉が美容師)

ネイリストとの会話:

テレビがあったけれど、基本はおしゃべりで、楽しませてくれた。

 他のネイリスト:他2名 30代

感想:隣りとの席が近いため、会話がうるさく感じる。隣りの店長さんは、ぶっきらぼうで、強い話し方だった。

座り心地の問題化、予告通りの施術時間ではあったが、120分(2時間)は長く感じた。

 

 

覆面調査からわかったこと

わたしが、覆面調査してまとめた内容を見たら、色々なことがわかりました。

[aside type=”sky”]

  • ネイルデザインの特徴
  • ネイルサロンの内装
  • ネイリストの教育
  • ネイルデザインの料金体系 など

[/aside]

気付きがたくさんあり、「いいな」と真似したいと思うことが結構でてきます。

 

 

最後に

いかがでしたか?

ネイルサロン開業するには、覆面調査をして、それを簡易報告書としてまとめておくと、分析しやすいです。

 

さらに、開業後にも覆面調査をして、初期の頃と比較してみて、面白いことがわかったりします。

 

是非、細かいチェック項目を設けて、ネイルサロンへ出かけてみては、いかがでしょうか?

 

最後まで、ご覧いただき、ありがとうございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です