2017/07/28

日本化粧品検定試験1級を受験!たった一つの理由とは?稼ぐためには勉強も必要だってこと!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

 

ふぅ、疲れました、日本化粧品検定試験。ひっさしぶりの一夜漬け、ども、びなっち(@beauty_nachi)です。

 

そう、日本化粧品検定試験を受験したのです!

 

ムムム、難しかったと思います・・・

 

民間の検定試験はたくさんありますが、日本化粧品検定試験、美容業界ではちょっとした人気です。

 

なぜ、この検定試験を受けたのか。

 

アンミカさんも合格者だから♡

 

 

『違います!』

『わたしのブランド化粧品が欲しいんです! まずは、”固形石鹸”でーす♪』

 

美容マニアであるわたしが目指すもの。

 

そして、こんなことが商売になるかもしれない。

 

可能性は無限だ。

 

(めんどいw)

 

とにかく

 

びなっちブランドの一つのサービスとして商品を、作ってみたい。

 

あれこれチャンレンジです!!

 

 

個人? え、化粧品が作れるの?

そもそも、名の知れた化粧品メーカーでもないのに、そんなことができるのか?

『そんなことできるの?』

 

『そう、疑問でしょ?今は、【OEM】には、少ない数で依頼を請け負う製造メーカーが少しずつ増えているの! そう”びなっちブランド石鹸”も夢じゃない!!』

 

OEMとは? 

「受託製造会社」他社のブランド製品を依頼されて作っている会社のこと

化粧品においても、その化粧品専門のOEMメーカーを利用し、オリジナル化粧品を低予算かつ小ロットで製造することが可能。 

 

夢〜 dream〜

 

 

 

『でも、薬機法(旧薬事法)とか、色々、面倒なことがあるでしょ?』

 

『確かに、薬機法(旧薬事法)「化粧品製造販売業」の許可が必要になるけれど、

OEMメーカーが所有ししているから大丈夫。

あくまでの、わたしは「びなっちブランド石鹸(仮名)」の販売者であって、許可は必要ないの。

それに、薬の開発業務に関わる仕事を長年してたし(その時は「薬事法」だったけど)

まぁ、なんとかなるでしょ』

 

 

『エステや美容皮膚科などオリジナル化粧品を、チラホラ見るけど、あなたには何の実績もないじゃない!誰が、買うの?「びなっちブランド石鹸(仮名)』

 

『さすが! 良いところに気がついたでは、ございませんか?』

 

 

わたしは「いつまでも綺麗でいたい」、何か悪いですか?

スキンケアやメイクアップなどの化粧品、美容法など。

 

「綺麗になりたいけど、どれがいいの? 本当に綺麗になれるの?」

 

あなたも、溢れすぎている化粧品から選べない

そんな、経験したことありませんか?

 

女性の美への欲求、それは、大なり小なり、誰しもが持っているものです。

 

そして、これこそ、星の数ほどある化粧品の販売競争は、激化。

 

我先に、テレビCMを中心に、雑誌やイベントなどで”華やかさ”を演出した化粧品の広告を、あなたも目にしたことがあるのではないでしょうか?

 

『乾いた肌が、ぶるっ、ぶるん

 

綺麗な女優やタレントが使っているものなら・・・とつい試してみたくなりますよね。

 

コスメの口コミをチャックしたり、さぁ、購入したぞ!

 

「本当に、これっていいの?」

 

自分に合わなかった失敗コスメも多々あったのではないでしょうか?

 

個人差はどうして生まれるの?

 

そんな疑問から、もっと肌のこと、化粧品のことが知りたくなったのです。

 

 

日本化粧品検定試験を受験すると、どんな人になれるの?

 

引用先:日本化粧品検定試験 公式ホームページはコチラ

◾️ 3級 自分の知識を正す

間違えがちな化粧品や美容に間することを学び、今日からすぐに実践できる知識を習得します。

※ 公式ホームページから受験可能

◾️ 2級 自分がキレイになる

皮膚の構造や肌の悩みに対する化粧品の選び方やメイク方法、美肌に導く美容知識を習得します。

◾️ 1級 化粧品の専門家を目指す

化粧品の成分や製品の種類・働きを中心に化粧品の歴史や法律まで幅広い知識を習得します。

 

そして、1級に合格したら化粧品のプロ【コスメコンシェルジュ資格】を習得できることになるのです。

 

2級合格。第一ステップクリア

 

わたしも抱えている肌のトラブル

 

そして、年齢による劣化、そう老け顔。

 

脱老け顔に、立ち向かうべく美容専用サイト「びなっち美容」で記事にしています。

 

この2級を取得したことから、

 

「間違った化粧品の使い方で、効果を実感できていなかった」

「最強保湿成分”セラミド”にも、こんなに種類があったのか!?」など

 

気づきがたくさんありました。

 

美容ライターにオススメな理由の一つ、『間違った知識を正す』ことができるのではないかと思います。

 

『(降臨!)それが、何で「びなっちブランド石鹸(仮名)」なのよ』

 

『はいはい、1級を勉強していくと、化粧品の成分の面白さに虜になっちゃったの。

乾燥肌だから、この成分? どの成分を組み合わせる?香りは? 

その興味(妄想)が、自分のブランド化粧品を作ってみたい!と飛躍したわけなんだな。』

 

『あなたの石鹸がいいという証拠はあるの?』

 

『そう、エビデンスでしょ?エビデンス!! 

キレイな女優さんを起用するなんてできないしね・・・

でも、ブランディングは、

1級に合格して「コスメコンシェルジュ」のわたしと”ブログ”でその知名度を高める作戦なのよん』

 

 

 

 

日本化粧品検定試験の1級会場では・・・

2級受験の時は、女子大学生など、受験者の大半は女性であり、全体的に「若いなぁ・・・」という感じを受けました。

 

そう、履歴書の資格取得用(いや、そんなことはないよね 汗)

 

しかし、1級ともなると、男性も増え、年齢が幅広くなり、「専門知識を磨く」ために受験するというイメージを持ちました。

 

『久しぶりに勉強して疲れたな・・・』

 

『ほぼ、一夜漬けみたいなもんじゃん!』

『で、どうだった?』

 

『次回は、11月に検定試験があるよ♡』

 

追記

日本化粧品検定試験1級、合格しましたぁ!

こちらをご覧あれ!『なりたい自分になる探し方|日本化粧品検定試験1級合格したよ、生きる検定資格にするって?

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

以前は、全く検定試験に興味はなく、どちらかといえば「持っていたら、何かすごい?」くらいにしかなかったのです。

 

これは、勉強していなかった言い訳。

 

日本化粧品検定試験を勉強した経験は、起業した自分にとって、とても大切だと感じたのです。

 

起業した自分は、無名です。

 

名前は知られてなくても「化粧品に詳しいかも?」と思ってもらます。

 

なんでも、チャレンジ。

 

「無駄かもしれない、全く、無意味かもしれない」

 

そんな自問自答は、いつもです。

 

数打ちあたる(かも)♡

 

最後まで、ご覧いただきありがとうございました。

 

 

この記事を書いている人

 びなっち☆ 

 認められたい、褒められたいママをサポート、びなっちにおまかせ! 

 とにかく、楽しいことが好き。

 あなたのワクワクさせるイベント企画や私の起業のことすべて教えます(^0^ゞ

 座右の銘 ”達成感が生きてる証♪”

 

 

ライン始めました♪ ビジネスチャレンジやイベント情報など配信します!

友だち追加 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© BENACHI びなっち , 2017 All Rights Reserved.