ハンドメイド通販サイトminne作家登録数20万人以上。今、何をすべきかを探る。出品までを大公開

 

チャレンジ精神旺盛な、ども、びなっち(@beauty_nachi)です。

 

今日は、レジンクラフト作家として、販売実績を作ってみようとミンネ(minne)に登録しました。

 

今月に予定していたワークショップが中止

 

ちょっとブルーになっています(>ヘ<)

わたしが中止にしてキャンセルポリシーなどを考えた記事はコチラ

 

しかし、ここで、ブルーになっている場合では、ございません!

 

色々な経験をしてるからこそ、以前よりポイントがわかるようになりました。

 

ということで。

 

いくつかの人気高いハンドメイドサイトに出品前の調査と出品までをご覧ください。

 

 

ミンネ(minne)で販売する

まずは、これでしょ。

 

先日、「ハンドメイドマーケット2017年」に突撃レポしてきました!

 

『激混みで疲れましたわ・・・(記事はコチラ)』

 

ミンネは、ものすごい勢いで成長しています。

 

運営会社 GMOインターネットグループのGMOペパボ株式会社のプレリリース(引用先:コチラ)では。

 

2016年時点で、20万人を突破しています。

 

どんなものが売れているか?

 

アクセサリー半数を占めていました。

 

ミンネの販売しているアクセサリーは、1,000〜2,000円ほど。

 

プラザなどの雑貨店に比べると、ほぼ同等ですが、デザインなどのクオリティーが高いと感じます。

 

 

『街の雑貨さんより、こっちの方が、ピアスとか可愛い♪』

 

そして、作家さんの登録数が増えれば増えるほど、売り上げるには、競合に勝たねばなりません。

 

自然の原理

 

クオリティーが高くなるのは必然でした。

 

これでは、売れない?

20万人以上、作家が存在するわけです。

 

カテゴリー、アクセサリー部門の作家は、20万人いないだろうけど。

 

それにしても、かなりの人数であることには間違いありません。

 

GMOペパボ株式会社のプレリリースで発表した『月に10万円以上販売する作家さん』には。

 

1227人

 

約1%の作家さんしか、10万円以上の売上はないわけです。

 

 

ミンネで「売れない」「売れる」という噂を調査

まだ、わたしは、ミンネで販売してません。

 

簡単には、売れないだろうというのは、察しがつきます。

 

そして、あります、ありました!

 

これだけ、ハンドメイド市場が膨れ上がっているわけです。

 

「売れない」のを「売れる」ために、どうしたらいいかとう記事。

 

納得のいく記事の「売れる」ポイント

[aside type=”boader”]① 「キャッチコピーや売り文句、タグ付け(5つまで)」[/aside]

 例: 『風鈴型のピアス』 ×

    『夏にぴったり!青い風鈴型ピアス♪』 ○

 

(記事の真似をして、作ってみました 笑)

 

 ダグには、『#夏 #青 #風鈴 #ピアス』

 

このように、季節もののタグを使うことで、より反響があるそうです。(他には色とか)

 

 

[aside type=”boader”]② 「商品写真」[/aside]

数枚、商品アップで撮影することがオススメだそうです。

 

その写真について、説明を加えるのもポイント。

 

 

[aside type=”boader”]③ 「商品説明」[/aside]

どんなシーンで使って欲しいか、どうしてこれを作成したのかなど、作家の熱い想い”を語るべしのようです。

 

 

[aside type=”boader”]④ 「アフターフォロー」[/aside]

(当然、フォロワーはいませんが・・・(笑))

 

このファンになってくれたわけですから、次の作品も購入するリピーターなのです。

 

そのため、フォローが大切であると書いてありました。

 

ミンネでも、売れる対策として、動画やセミナーなどもやっている様子

 どんな方法が、いいのかは、これから検証してきます)

 

 

いざ、出品

とにかく、まずは、①から③を実施し2つの作品をアップしました。

 

あとは、まさにP(plan) D(do) C(check) A(action)サイクル!

 

是非、どんな風にアップしたか、確認してみてください!

 

 

他にできること

○ 友人、知人に売り込む! → NG

 

これ、ダメですよね。

 

周りに誰もいなくなりそうです(笑)

 

[aside type=”boader”]

○ 友人、知人に「レジンクラフト作家しているよ」と話してみる!

さらに、名刺と一緒に、イヤフォンジャックなどを小ぶりアクセサリーをプレゼント。

 

○ SNS系 ツイッター・Facebook・Instagram

■ 同封するカードを作成

■ ツイッターは『つぶやく』 Facebookは『広告』 Instagramは『投稿』

[/aside]

 

どれが、どういう風な相乗効果になるかわかりませんけど、やれることからやっています♪

 

 

是非、ご支援よろしくお願いします。

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

ネットショップのサイトを持たないのは、料金決済が面倒だからです(笑)

 

それに、在庫や顧客管理も便利にできるようになっているようです。

 

おそるべし、GMOペパボ!

 

自サイトの不具合が起きたら、どうにもならない自分が想像できます。

 

その分、手数料として支払えば、面倒なことが一つ二つと減るわけですからね。

 

もし、100万円/月に稼げるのであれば、いや、50万円でもいいけど。

 

その時に、考えてみます。

 

まずは、時代の流れに乗っかった検証、次の記事をお楽しみに!

 

最後まで、ご覧いただき、ありがとうございました。

 

 

この記事を書いている人

[aside type=”boader”]

 びなっち☆ 

 認められたい、褒められたいママをサポート、びなっちにおまかせ! 

 とにかく、楽しいことが好き。

 ネイルサロン経営失敗をバネに色々と挑戦中!

 あなたのワクワクさせるイベント企画や私の起業のことすべて教えます(^0^ゞ

 座右の銘 ”充実感が生きてる証♪”

 [/aside]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です