フォトショップ(Photoshop)の使い方|フィルターぼかしで「フレーム」加工

Photoshop(フォトショップ)の使い方

今回はフィルターの「ぼかし」です。

 

どーも、びなっちの備忘録です。 

 

ブログを私物化すなぁーーー!

 

怒られそうですが、私物化してます(笑)

 

フォトショップは、機能がありすぎて使い切れない!?

 

だから、アレコレ触って、面白写真の加工に成功したら記事にするのです!

 

(いいんだ、自分目線で)

 

 

最初のスタートは、ネイルサロン経営からPhotoshop(フォトショップ)を使い始めました。

▼ ネイルチップはより綺麗に見せるためだったんだぁ

ネイル撮影一眼レフ|PV数をアップさせるPhotoshopの加工方法っていったい!?

 

まぁ、ネイルサロンは1年後に閉店しちゃいましたけど(泣)

 

でも、Photoshop(フォトショップ)は、面白いからブログ用の写真加工に使い続けています。

 

 

今回は、写真にフレーム加工について、お伝えします!

 

 

写真にフレームをつけてみよう!

写真たてに入れずに、写真たてに見立てた「フレーム加工」って面白いです。

 

こんなの↓↓↓

 

Photoshop(フォトショップ)で「フレーム加工」すると…

 

フレーム部分を「ぼかし」をいれるのです。

 

[aside type=”sky”]名付けて「ぼかしフレーム」[/aside]

 

この「ぼかしフレーム」に適さない写真

白い背景(ぼかしようなない)

 

これですね(笑)

 

 

「ぼかしフレーム」のやり方

①ツールから選択します。

      

 

②[長方形選択]ツールを選択します。

 

③[長方形選択]を使い、内側の位置を決めます。

 

④上のメニュー[選択範囲]から[選択範囲の反転]を選びます。

 

⑤下の図にある、点線枠が二つ出来ます。

 

⑥上のメニュー[フィルター]から[ぼかし]→[ぼがし(ガウス)]を選択します。

 

⑦[pixel]でボケ具合を調整します。数字が大きいほどボケます。

初心者は[30〜50pixel]でトライしましょう。

※[プレビュー]に必ず、チェックをしましょう!

 

⑧[ok]ボタンをクリックするとこんな感じ↓

 

⑨メニュー[選択範囲]から[選択を解除]を選択します。点線枠を解除します。

 

⑩ こんな感じに出来上がり♪

 

Photoshop(フォトショップ)使ってますよ!という感じがしませんか?(わたしだけ、笑)

 

この「ぼかしフレーム」を繰り返し使ってみるとグレードアップした写真に仕上がります(^^)

 

「ぼかす」ときに『pixel』の値を中に行くほど、小さくします。

 

外側:120pixel

中側:60pixel

内側:30pixel

 

グラデーションから外側から中へ集中する目の錯覚が生まれます。

 

さらに、Photoshop(フォトショップ)にある機能を使うと、こんなアレンジができます。

 

機能を触り始めると、どんどんPhotoshop(フォトショップ)の魅力にハマり始めています。

あなたも、こんなところから、トライしてみたらいかがでしょうか?

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

Photoshop(フォトショップ)を使うキッカケは「Webデザイナーだから」だけではないと思います。

 

わたしみたいに。

 

 

一眼レフカメラもなんですけど、Photoshop(フォトショップ)も、もっともっと勉強したいです!

 

最後まで、ご覧いただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です