2017/07/28

フォトショップ(Photoshop)ブラシの使い方|油絵みたいになるよ!初心者さん

 

Photoshop(フォトショップ)の使い方、そう勉強中。

 

だから、面白いこと見つけると備忘録として記事にしてます。

 

ブラシの使い方で、油絵みたいになるのを発見!

 

どーも、びなっちです。

 

 

あなたも、高機能すぎて、使いきれないもの、一つや二つじゃないですよね?

 

フォトショップも使っていくうちに、「こんなこともできるんだぁ」を増やして行きたいですね。

 

初めて触った時、「なんじゃぁ〜!この画面は?」

 

思わず叫んでました。Photoshop(フォトショップ)に。

 

何が、どう使ったら、写真加工ができるか、初心者向けの本とにらめっこです。

 

でも、教科書にあるような使い方ってしないこと多くないですか?

 

用語とか、基本的操作は勉強に、もちろんなります。

 

基本操作がわかったら、「とりあえず」触ってみたら、こんな使い方があったんだぁ

 

それが「ブラシ」だったのです。

 

前置き、ながっ

 

まずは、超初心者に、こんなブラシのこんな使い方をご紹介します!

 

 

「油絵」みたいにRAWデータを加工しよ

これ、自分勝手な発見ですが、こんなことできました!

 

Photoshop(フォトショップ)のブラシの使い方で遊ぶ、「油絵みたいに写真を加工してみよう」です。

 

ツールボックス「アートヒストリーブラシツール」を使ってみます。

 

「アートヒストリーブラシツール」を選択します。

 

「アートヒストリーブラシツール」の種類も色々「スタイル」で一覧がでてきます。

 

JAPG形式の写真(無修正では、こんな感じ)

 

朝の光風(ホワイトバランス「蛍光灯」で調整)

 

※【初心者ポイント「レイアー」に書き込もう!】

「背景」に直接、書き込むと「ちがーう!やり直そう…」と、もう一度RAWデータを開くことにもなりかねませんが、「レイアー」に書き込むと、「どうも違うな…」と思ったら、その「レイアー」を削除すればいいのです!

めちゃくちゃ「レイアー」は便利、使ってますよ。

 

 

「アートヒストリーブラシツール:ゆるく軽く(長く)」を使うと…

 

「アートヒストリーブラシツール:しっかり(長く)」を使うと…

 

それぞれのスタイルでは、タッチが荒いか細かいか違いがわかると思います。

 

さらに、①+②、合成すると…

 

油絵みたいに荒さも加えるのがポイント(自己流ですけど 笑)、こんな風に仕上がりました(^^)

 

自分でテーマを決めて、Photoshop(フォトショップブラシ)のブラシの使い方で遊んでみたらいかがでしょうか?

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

Photoshop(フォトショップ)を使うキッカケは「Webデザイナーだから」だけではないと思います。

 

わたしみたいに…

 

そして、今は、1つフォトショップを使う目的を見つけました(^^)

 

▼この記事も良かったら見てくださーい!

 

ネットお小遣い稼ぎ「photo AC」2016年9月データ稼げてる?検証結果だよ

 

最後まで、ご覧いただき、ありがとうございました。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です