開業②(1)絶対にカラーチャートはこれ!いくつかのサンプルの結果です

 

ビナッチ

カラーチャートを作りましたか?まだなら、是非とも参考にしてほしいことがあります!

こんにちは、ビナッチ(@beauty_nachi)です。

 

お客様ファーストで作ったはずが・・・

それ、失礼ではないですか?」とカラーチャートを一から作り直すハメに。

 

手間がかかってしまったので「作るならこれでしょ!?」というオススメのカラーチャートを紹介します!

 

 

どんな物を準備する?チェックしてみよう

ネイルサロン開業② ネイルサロンの道具、誰が揃えるの?

 

 

こんなカラーチャートはオススメしない

カラーチャートの種類からメリットとデメリット

 

※写真出典:TAT(ネイリスト専用卸ディーラー)

★カラーチャットディスク

カラーチャットディスク カラーチャート
メリット お客様の爪に乗せて色が確認できる
デメリット  新色の同系色近くに追加ができない

汚れやすい

 

★チップスティック

チップスティック カラーチャート
メリット お客様の爪に乗せて色が確認できる

新色の追加ができる

デメリット  汚れやすい

 

★カラーガイド

カラーガイド カラーチャート
メリット 裏側から塗るのでトップコート要らず
デメリット  新色の同系色近くに追加ができない

 

 

★カラーチャットブック

ネイルサロン チャート
メリット 裏側から塗るのでトップコート要らず
デメリット 新色の同系色近くに追加ができない

100色以上、カラーを揃えないと見た目が悪い

 

 

MEMO

新色が多く販売されるし、メーカーによって「ホワイト」でも色に濃淡があります。

集客に「たくさんの色から選べる」ポイント!

廃盤になった色がすぐに取り外れるやすいカラーチャートがいいですね!

 

当初、カラーチャートのサンプル作成を【チップスティック】にしました。

失敗したカラーチャート見本

ネイルサロン カラーチャート

強く感じたデメリット

  •  新色ジェルカラーが増えると同系色を揃えるため、入れ替えをする
  •  お客様やネイリストが直接触れることで、汚くなる
  •  ジャラジャラしていて、同系色を並べて色味を確認したいときに不便
  •  カラーが増える度に、重たくなっていった

カラーチャートのサンプルなのに、カラーがわかりにくという自体に見舞われたのです。

 

そしてチーフから「カラーチャートのサンプル作成していいですか?」という提案されたとき、実は、ネイリストにも不評だったことが判明しました…

 

半年後に変えたのが【カラーガイド変形版】

カラーガイド変形版 ネイルサロン カラーチャート
メリット 新色の同系色の追加、取り外しが簡単

汚れにくい

デメリット  トップコートを塗る

 

作り方|準備するもの

準備するもの

・ネイルチップ

ネイルサロン チャート

・アクリルフォトフレーム

 

・両面テープ

 

・番号のシールを貼ったジェルネイル

ネイルサロン カラーチャート

 

 

① アクリルフォトフレームに、両面テープを貼っておきます。

※ シールに番号を書いて準備しましょう

② あらかじめチップにジェルネイルを塗り、硬化させます。トップコートも塗りましょう。

※ 並べる順番に、ジェルネイルを整頓させておくと手際よくできます

③ チップとシールを貼ります。

完成です!!

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

お客様がベタベタ触れるカラーチャートは、すぐに汚れます。

※ お客様の指が汚れていなくても油分などで汚れます。

 

アクリルフォトフレームにチップを並べてのチャートは見やすいですし、何よりも汚れにくいしキレイでした。

 

ぜひ、試してくださいね!

 

毎日、何かをつぶやいています。フォローしていただけると嬉しいです^^

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です