売れる写真と売れない写真があるよ!PIXTA(ピクスタ)で審査落ちしたとは?

一眼レフカメラで撮影した写真『PIXTA(ピクスタ)』で販売してます!

 

売れる写真と売れない写真

 

まずは、審査に通らなければ、”売れない”ということです。

 

審査って、厳しいの?

 

そう、現実は甘くなかったことをお伝えしましょう。

こんにちは、趣味多彩な稼ぐスーパー主婦のびなっち@beauty_nachiです。

(主婦でありながら、家事とか料理とかは苦手・・・)

 

フォトストック:写真を売る

少しは、上達してるじゃん!一眼レフカメラで撮影した写真!!

 

写真が売れれば、プロでしょ!?

 

それじゃ、お互い、頑張ってみよ♪

 

 

こんなノリで、ストックフォトへ殴り込みをかけましたが・・・

待っていた現実は、売れない壁でした。

 

どこで売ろう?以前、テレビで特集があった!

朝の(くそ)忙しい時間に、目に入り込み朝食作りの手が止まってしまったのが・・・

 

【一眼レフカメラで主婦が稼ぐ】

旅行先や自宅の小物などを一眼レフで撮影。

フォトストックサービスへ写真をアップ、そして販売するという内容。

(ネットビジネスの可能性を目の当たりにしましたw)

 

 

すごいなぁ・・・プロカメラマンじゃなくても写真を買ってもらえる時代なんだ

 

正直、在宅ワーク=働く時間の自由度の選択肢が広がったなって思いました。

正確な金額は、忘れましたけど、「へぇ・・・」と感心した収入になっていたと思います。

 

アマチュアであっても「一眼レフカメラ」が基本!?

写真の質感や解像度など、クオリティーの高さは必要です。

 

私が一眼レフカメラを手にして、深みのある色合いやボケ感は、コンデジ(コンパクトデジタルカメラ)には出せないものと思っていました。

しかし、最近では、カメラの性能がよくなり、さらにスマホまでが、「なにこれ?一眼レフカメラで撮影したの?」と見間違うほどになっています。

 

レッツ、チャレンジ。「写真・動画を販売するクラウドサービス」

ストックフォトサービスが始まり、有名だったのが「PIXTA(ピクスタ)」です。一眼レフカメラで撮影した自分の写真が、Sサイズなら¥540〜販売できるのです!

 

 

注意
もちろん、手数料は取られます

 

「PIXTA(ピクスタ)」から始めることにしました。

レッツ、チャレンジ

 

 

しかし、そこには「審査」という壁が待ち受けていました。

 

 

ストックフォト「審査」という壁

『PIXTA(ピクスタ)』は、審査基準があり、それをクリアしないと販売ページに掲載されません。当然ですけどね。

 

『PIXTA(ピクスタ)』から数日(1〜2日後)に審査に出した写真が売れるか否か、判定がきます。そして、【販売NG】の烙印を押された写真たちに気持ちが落ち込むこと、何回もありました。

 

 

2016年に始めた当初、「厳しいな・・・撮影技術の向上」と感じていました。

 

審査落ちした理由とは?

 

名前

この壁を乗り越えねば、売れるどころの話ではないじゃないかぁーーーー!

 

いい大人が、【販売NG】という文字を見たときに「えー!」と叫んでいましたから。

 

 

ストックフォトを始めたら、まずは販売ページに掲載されたい

審査に合格するか否かは、こんな基準があるようです。

【ストック素材として理由が難しかったという基準】

 

ただ、「この写真のここがダメだよ」細かく判定基準が書かれてはいません。(それほどの時間も割けないでしょうし。)それでは、ストック素材が難しいと判断された理由(推定)と写真(恥さらし)を公開します。

 

参考になれば。

 

cafe看板

(該当しそうな理由)

ランドマークや商社ビル、広告看板をメインに撮影したもの

自身の著作物ではないものがメインに写っているもの

 

 

 

 

ネイルチップ

(該当しそうな理由)

被写体が著しく汚れている、テーマに即していない汚れが付着しているもの

撮影台やモデルの衣服に付着したホコリやゴミ等が目立つもの

 

 

 

 

花(百合)

(該当しそうな理由)

フィルターやソフト等で加工を施し、イラストとして登録した写真

 

 

 

 

ハート(ケーキ・デザート)

(該当しそうな理由)

動きのあるテーマではないのに、被写体がブレているもの

ライティング、露出、ホワイトバランスが適切ではないもの

 

 

 

売れる写真と判定されたのは?

 

😛 販売中の写真はコチラ(審査通過!)

写真素材 PIXTA

 

 

その中でも「売れた写真」は、風景でした。

■ 草津温泉『西の河原公園』 ※数枚ダウンロードされています。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

『PIXTA(ピクスタ)』は、しんどいなぁ・・・と正直、思いました。ただ、私の腕もセミプロくらいにすればいい話ですけど。

 

いつまでも経っても稼げないという「これ以上、続けていても無駄」という心の声が聞こえきました。「プロカメラマンじゃなくても自分の写真が売れるサービス」は他に絶対ある!と確信をして探しました。

 

探したというより、ブロガーで重宝している無料素材に「ストックフォトサービス」があったのです。『PIXTA(ピクスタ)』は、おやすみ。

 

次に始めたのがこれ。これは、今でも毎日、稼いでくれてます♪

 

▼ どんなフォトストックを利用しているかは、こちら

写真で稼ぐ初心者におススメな方法「photo AC」知ってますか?2016年6月開始

 

では、では。

 

最後まで、ご覧いただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です