500円玉貯金コツ|失敗した3つの理由は、成功者の私はすでに実践済みダァ

お金が貯まらない!?

 

だったら、500円玉貯金したら?

 

取り出せない貯金箱、100均でたくさんあるよぉ

 

ども、びなっちです

 

わたしは、500円玉貯金の成功者!(えっへん!!)

 

しかし、案外、失敗してしまう人がいるようです。

 

 

だから、500円玉貯金を失敗した人に聞いてみました。

 

[lnvoicel icon=”https://beauty-nachi.info/wp-content/uploads/2016/05/binachi_hanasuopen.jpg” name=”びなっち”]

どうして、貯めることができなかったの?[/lnvoicel]

 

本題に入る前に。

 

壊せない貯金箱。でも…・・

 

くだらない?そうでもない?実験してみました!

YouTubeに「貯金箱を壊さないでお金を取り出す方法」を見ちゃったのです。

 

そして、チャレンジ精神旺盛なわたしとしては、やってみたくてウズウズ…(笑)

▼ 動画をご覧ください。

 

 

失敗した人に学ぶ3つの理由

 

⑴ 500円玉を作るのが大変と思ってしまう人

30代後半 女性 reeさん

[voicer icon=”https://beauty-nachi.info/wp-content/uploads/2016/07/rate-chan-2.png” name=”失敗reeさん”]だって、ランチとか使いたくなっちゃうのよね。ワンコインランチって誰が考えたんだぁーーーー![/voicer]

[aside type=”boader”]貯金がしたくて、まずは500円を瓶に貯めていくことにしました。

財布に500円ができるたびに初めの1週間は楽しく瓶に入れていたのですが、500円玉っていうのが結構日常で使うことが多く、なかなか財布に500円ができることがなく、知らない間に瓶にはほかの小銭も入るようになって、500円玉貯金ではなくなってしまいました。

ちょっとしたカフェタイムや、ランチのお弁当など、500円で買えるものが結構多く、よく使っていたのです。きっと500円玉貯金ができる人というのは、そのような出費を減らして貯金をされているのかなと思います。

私は、たぶん500円以外の財布に貯まった小銭集めのほうが性に合っていたのかなと思います。[/aside]

 

 

⑵ 少し貯まると「ちょっと」…と500円玉を使ってしまう人

20代後半 女性 momoさん

[voicer icon=”https://beauty-nachi.info/wp-content/uploads/2016/07/rate-chan-2.png” name=”失敗monoちゃん”]

500円玉貯金で自分との戦いなんだって。人のためになんて無理な話なんだぁ[/voicer]

[aside type=”boader”]昔、雑貨屋で500円玉用の貯金箱を購入しました。

全て500円玉で貯金したら、このぐらいの金額になる…というようなことも書いてありました。

もし、このぐらいの金額になったら家族で旅行に行こう…と胸を弾ませ、家族全員に500円玉を持っていたら家族旅行のために貯金箱に入れるようお願いしました。

最初は皆協力的で貯金箱に入れてくれていたのですが、日にちが経つにつれて、なかなか増えないので、どうしたのかな?とおもっていたら、家族が「ちょっと…」と使っていたのがわかったのです。

家族全員が貯めようとすると「誰かが貯めているだろう」という気持ちから使ってしまったようです。

家族全員の協力を得るのもむずかしいですが、お金が取り出せないタイプの貯金箱にするべきだったと後悔しています。[/aside]

 

 

⑶ おサイフの中のお札がどんどん消えていく人

30代後半 男性  takaさん

[voicer icon=”https://beauty-nachi.info/wp-content/uploads/2016/09/DOGmen.png” name=“失敗takaさん”]生活に余裕がないんだよ。お札がどんどんなくなっていくから、500円玉貯金は意味ないじゃないか?[/voicer]

[aside type=”boader”]500円玉貯金って誰しもが一度はやろうとすると思います。

自分もそのうちの1人です。

始めは意を決して30万円貯めるぞ!という気持ちでやるのですが給料日前や急な出費で少しだけなら…という意思の弱さが出てきてしまいます。

だんだんと30万円はハードルが高いから10万円にしよう、と言って目標額を下げる事に。それでも貯まりません。

無理矢理にでも500円玉を作ろうとして買い物する時にお釣りが500円玉になるようにお札を出します。

結局これは失敗例です。財布に入れておいたお札が物凄い勢いで消えていきます。

何回も何回も500円玉貯金にチャレンジしているのですが、最高で5万円くらいしか貯めたことがありません。

生活に余裕がないと難しいのかな、とも思いました。[/aside]

 

 

3つの問題を克服するコツとは?

成功者のわたし(えっへん!)が実践しているコツです。

 

「500円玉を作れない」そこは、「脳トレ」で楽しむのがコツ

レジで、675円の購入したら、1,275円を定員さんに渡しましょう。

そう、お釣りが500円玉になるように計算するのです。

 

ちょっとした小銭計算です。

日頃から500円玉をゲットするだけではなく、「財布の中身|小銭の枚数を減らす」という計算は、脳トレにとても良いのです。

 

お店のレジで瞬時に暗算しなければなりませんからね(笑)

 

[lnvoicel icon=”https://beauty-nachi.info/wp-content/uploads/2016/05/binachi_hanasuopen.jpg” name=”びなっち”]

ボケ防止にも効果的だよ[/lnvoicel]

 

 

100均で「500円で10万円貯まる貯金箱」を購入するのがコツ

「500円玉で100万円が貯まる貯金箱」があります。

 

わたしからすると、これは、道のりが長過ぎる…

100万円を貯金するなら、[収入−貯金=生活費]「先取り貯金」が、確実に早く目標に達成します。

 

「500円玉で10万円貯める貯金箱」を満杯にして、「もう入れられない、いくらあるか開けてみよう!」という達成感、ワクワク感があるとより貯めるのが楽しくなります。

 

ちょっと,比較してみましょう。

1年間で貯金箱を満杯にするとしたら…

[aside type=”boader”]

■ 100万円の場合

500円玉は2,000枚 1ヶ月 約166枚

[/aside]

[aside type=”boader”]

■ 10万円の場合

500円玉は200枚 1ヶ月 約16枚

[/aside]

どうですか? 1ヶ月約16枚なら、なんとかなりそうですよね。

 

金額にすると約8,333円となり、この程度の節約はできそうだと思いませんか?

 

 

給料日前は、500円玉貯金をお休みするのがコツ

「早く、貯金箱をいっぱいにしたい! 500円玉を作ろう!!」

 

頑張りすぎるのもよくありません。

500円玉は、1食分のランチやカフェでケーキを食べれる金額です。

 

つまり、500円玉を貯金箱へ入れてしまうと、おサイフから札のお金の減りも早いです。

 

わたしも気づいたら、「現金がない?」

 

お金をおろしにATMへ行くことがありました。

 

生活費の中から節約して、さらにお金を貯めようと思っていたのに、お金の管理ができなくなるのは本末転倒ですよね。

 

わたしの場合、脳トレもかねて、500円玉を作るようにしています。

 

しかし、給料日が近くなり、やりくりの金額が苦しいようであれば、貯金箱にはいれないで、そのまま使います。

 

だから、ポイントは、給料日後の約2週間に、貯金箱に500玉貯金をするようにしています。

 

 

なぜ10万円が貯められる貯金箱なのか?

「なんとなく貯めたい」はNG、「これのために!」と小さい目標を立てる。

 

ガッツリ貯めたい貯金には不向きなのです。

 

将来のことを考えた貯金「結婚資金」「マイホーム購入」「子どもの学費」「老後・年金の代わり」など、まとまったお金が必要と考えたときには、自動積立貯金や学資保険がおススメです。

 

 

500円玉貯金のコツは、「海外旅行のお小遣い」「国内旅行」など、直近で「何かしたい、欲しい物がある」というとき貯めるのがおススメなのです。

 

お金を貯めるばかりでは楽しくない、まとまったお金を使う喜びを知って欲しいですね。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

「500円玉貯金をしよう!」と始めたけど失敗している人へ、そのコツは?

[aside type=”boader”]

  • 500円玉をお釣りから作れないと思っている(脳トレ)
  • 意志が弱いなら「開けることができない貯金箱」にする
  • 節約が前提で500円玉貯金をしなければ、余裕がなくなる

[/aside]

 

貯金するには、お金の管理をして、貯めるという意識を持つことが、500円玉貯金に限らず、お金を貯めれる体質になれるのだと思います。

 

最後まで、ご覧いただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です