2017/02/04

ブックオフ大型店口コミ|コレ買取してもらいました!その査定額とは?

 

この記事を書いている人 - WRITER -

衣替えの季節。

 

さて色々な不要なもの、買い取っていただきましょう^^

 

ブックオフ大型店では、買取OKな商品、そしてその査定額は?

 

ブックオフ大型店の口コミです。

 

どーも、びなっちです。

 

衣替えの季節になると思うのです。

 

なぜ、こんなに、物が増えてるのーーー!

 

(それは、お金をホイホイ使っているからだよ)

 

そして、それは洋服ばかりではありません。

 

ありとあらゆる物が、増えていくのです。

 

スッキリ断捨離。

 

どうやら、「ブックオフ大型店」では、「こんなものあんなものも」買取してくれるみたいですよ。

 

それじゃぁ、ちょっと、こんなものあんなもを査定してもらいましょ♪

 

 

「ブックオフ」といえば、本・DVD・CD・ゲーム・電子機器類などがメインで買取が対象と思っていたのです。

 

いつも利用する近隣の「ブックオフ」が、だいたい、そんなものでしたから。

 

 

「ブックオフ大型店」を利用したキッカケ

プリキュアオールスターズのDVDを探すため(笑)

 

DVDの種類も店舗の大きさに比例してたくさんあるだろうと「ブックオフ大型店」に行くことにしました。

 

それも車で30分かけて(笑)

 

そこで「ブックオフ大型店」では、買取の対象品が多くあることを知ったのです。

 

たとえば、「ブックオフ多摩川大橋店」の取扱商品

  • メンズ用品・レディース用品・子ども用品(洋服、靴、カバン、帽子など)
  • 楽器
  • サーフィン関連用品
  • スキー・スノボー関連用品
  • ゴルフ・テニスなどのスポーツ用品

 

衣替え、年末大掃除、引越などなど…不要品どうしてますか?

年に2回はある衣替え、あなたは、「もう着ないかな…」というノーブランド衣類、どうしてますか?

 

今までは、人にあげたり、捨てたりしていました。

 

今日から変わります!

 

ラルフローレンなどメーカー品の衣類でも「ブランド買取」では、NGで返品されるもののありました。

▼ ブランディアの買取品と査定額の記事はコチラブランディア口コミ知りたい査定額を公開!「先輩、買取のその後、知ってますw?」

 

ノーブランド品を「ヤフオク」や「メルカリ」に出品する手間が面倒だったので捨てていました。

 

(そこは、努力しないのか)

 

そんな心の声を無視して、「持ち込むのなら簡単♪」ということで、「ブックオフ」にいきました。

 

 

「ブックオフ多摩川大橋店」へ買取に持参した商品は?

衣替えの季節もあって、アレコレと不要な品を袋に入れたら、こんなになりました(笑)

買取に持って行った内容物

  • 子ども服(3歳女子用、春夏秋冬物)
  • 子どもグッズ(安眠まくら)
  • レディース服(春夏秋冬物)
  • メンズ服(春夏秋冬物)
  • レディースサンダル
  • レディース用布バック
  • メンズ用ビジネスバックと肩掛けバック
  • その他(エプロン、ベットカバー、木彫りのティッシュケース)

とりあえず、この全てを車に積み混み、いざ、ブックオフに!

 

 

「ブックオフ多摩川大橋店」で買取になった商品は?

▼ 買取になった品はコチラ

  • 子ども服(3歳女子用、春夏秋冬物)
  • レディース服(秋冬物)
  • メンズ服(春夏秋冬物)
  • レディース用布バック
  • メンズ用ビジネスバックと肩掛けバック

 

▼ 買取にならない品はコチラ

  • 子どもグッズ(安眠まくら)
  • レディース服(春夏物)
  • レディースサンダル
  • その他(エプロン、ベットカバー、木彫りのティッシュケース)

 

子どもグッズを取扱う店舗をあるそうです。

レディース服の場合、「これからのシーズン物」は買取してくれます。だから、春夏物は3月以降ですね。

 

その他に、雑貨類は、買取してくれませんでした(泣)

 

 

気になる査定額は?

  

 

買取合計額は、6,910円でした。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

購入した金額からすると、約6〜7%くらいの金額で買取されたことになりますが、リユースされる可能性があれば、本望です(^^)

 

買取は、「捨てよう」と思った品々がお金に変わるわけですから、ニーズがあるのは当然ですね。

 

これに、火がつきました!

 

「ヤフオク」と「メルカリ」を始めてようと思います!!(遅いよって、か 笑)

 

最後まで、ご覧いただき、ありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© BENACHI びなっち , 2016 All Rights Reserved.