2017/02/11

邦画のオススメ|週末にTSUTAYAで映画DVD何選ぶ?「後妻業の女」レビュー

 

この記事を書いている人 - WRITER -

今日も今日とてTSUTAYAはイッパイだ。

 

金曜日の夜に、DVDやCD借りる人、多いよね。

 

え?

 

わたしですか?

 

そりゃーープリキュアシリーズのDVDですよ。

 

どーも、びなっちです。

 

さて、わたし映画鑑賞が趣味です。

 

「趣味は何ですか?」と聞かれたら、「映画鑑賞」と答える当たり障りがないのとは違いまっせ。

 

だけど、時間に限りがあるので、観に行ける時は厳選した映画のはずだったのに。

 

今回は、邦画のオススメ、この映画はDVDで観たらよかったかなという作品です。

それは、本当にオススメの映画、何ですか?

謎のラテちゃん

 

まぁ、まぁ、聞いてください。

「後妻業の女」です。

びなっち

 

熟しきっている、大竹しのぶさんと豊川悦司さん

 

そして、ちょっとエッチなストーリー。

だから、映画館じゃなくて家でこっそり借りてくるDVD鑑賞に向いていると思うのであります。

 

 

なぜ、映画館で観に言ったのかというと

「金 × 女」をテーマに、そして、これからの高齢化社会の男女と、どんな映画なのか、興味津々。

 

 

映画を観賞後の感想

後妻業の女:評価 ★★☆☆☆(★二つ)

びなっち

 

低いじゃん。

 

「サイコーd(>_・ )グッ!」「スッキリ~(^◇^)/」とか、何か、終わった後に人に話したくなるような、そんなときめきがなかったとえいえば、なかった。

なんだか、モヤモヤ感が残る作品でした。

 

大竹しのぶさん演じる「後妻業」は、社会風刺の映画なのかとも思っていたのが、そうでもなく。

 

途中に、「これコメディーなのか?」と思いかけたところで、そうでもなく。

 

これから、寂しい老人が増えてく。

 

という時代背景は、読み取れたわけで、だからそこにはびこる悪徳業の「後妻業」の存在。

 

いつの世でも、悪は存在し得る話なの?

 

人間の弱いところ、この脚本では、女性と違って男性の老人の方が孤独であり、いくつになってもエッチが好きだから、女性に騙されちゃうんですよね。

 

もっと、コメディータッチだったら面白かったのに。

大竹しのぶさんと豊川悦司さんの掛け合いは、絶対に面白いです!名コンビ♪

 

爆笑コメディで老人たちの恋愛と騙し合いにするか?

 

老人から金を巻き上げる「後妻業」の悪を封じる的なものにするか?

 

どっちかに絞っていたら、面白かったかも。

 

「後妻業の女」は家で1人で観たいかも!?

 

(わたしにしたら)濃厚なエッチなシーンが、案外、多かったのです。

 

わたしは、同性の友人と行ったから、まぁ、良かったですけど、夫婦かな?という人は、困ったじゃないかな?

 

大竹しのぶさんの濡れ場は、怖いもの観たさにピッタリ(失礼かな…)

 

「大竹しのぶさん vs 笑福亭鶴瓶師匠」 すっごいです… 

 

 

最後に

いかがでしたか?

 

おススメにしては、弱い?いや、でも大竹しのぶさんの濡れ場とか、最後のどんでん返しをDVDで観るにはいい作品です!

弱いよね、おススメ。

 

 

最後まで、ご覧いだただき、ありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© BENACHI びなっち , 2016 All Rights Reserved.