2017/02/12

映画レンタル最新作のおすすめ|カエル男「ミュージアム」を劇場で観た感想!

 

映画レンタル|小栗旬さん主演の映画「ミュージアム」

2017年3月17日発売決定!

 

ども、びなっちです。

 

小栗旬さん主演の映画「ミュージアム」、話題のカエル男ということで、めちゃくちゃグロいらしいというのを映画館で観てきました!

 

まぁ、テレビのエンタメでネタバレ?カエル男の正体を知ってしまいましたけど。

 

そう「妻夫木 聡さん」

 

 

となりのカップルが「きゃ」とか「こわい−−−!」とかうるさかったですねぇ。

 

人気サイコスリラー漫画の実写版ですから…

 

原作を知らないです、わたし。

 

そのため、原作を知っていることで期待感を裏切られた?とういうあるある話は語れませんが、そんなの関係なく、とにかくテンポがよくて、ラストまで心拍数が上昇したまま、あっという間の2時間15分でした。

 

 

なので、大画面で観なくても問題ないし、あっという間の2時間15分でしたから、何を借りようかな…・・?と悩んでいる方へ、オススメなんです!

 

グロいの大丈夫なら、なんだけど。

びなっち

 

 

ミュージアムの感想

ミュージアム:評価 ★★★★☆(★4つ)

びなっち

 

余談ですが、映画本編前のながーいCMに疲れることないですか?(← これって、わたしだけなのかな…?)

 

本編が始まりは、小栗旬が扮する沢村久志刑事の家庭内の回想シーンで、心拍数ももちろん平常です。

 

それが、5分後には土砂降りの雨の中でパトカーが複数台停まっている事件現場のシーンに切り替わります。

 

もう、ここから心拍数が上がり始め、嘔吐する新米刑事の様子からもその現場のグロさが伝わるのです。

 

ここからの描写には、わたしに少しの余裕を与えることなく、猟奇殺人の連続。

 

だから心拍数は早いまま、すでに片手は口に当てたまま。

 

だって、殺される場面をなくても、死体から「その激痛」を想像してしまうから。

 

グロいのが、嫌いじゃないので、目をそらすことは全くなかったのですが、隣りの彼女は、観ていられなかったのでは?

 

 

「雨」は、カエル男と結びつける大きな謎解きなのですが、そのため雨のシーンが多く、それがまた嫌な感じを引き出す効果として絶大なのです。

 

後半シーンで、カエル男が作るハンバーガーは、何の肉?

 

随所に、さらへ恐怖に落とすためか想像をかき立てられる場面も。

 

 

 

エンディングの解釈は、十人十色

一緒に観た友人は「あれは、何だったのだろう?」とか、わたしは「同じことを繰り返すことになる」とか、人々の想像をかき立てる最後の〆だと思うのです。

 

決して、ハッピーエンドに終わらせない。

 

それがサイコスリラー作品なのですよね、きっと。

 

あなたも観たら「ミュージアム」のエンディングは、その先、どうなると思うのでしょう?

 

 

まとめ

俳優さんたちの名演技は、もちろんなのですが、とくにカエル男の妻夫木聡さん名演技には、鳥肌が立ち、背中がゾクゾクするほどの恐怖を感じました。

 

その風貌は、妻夫木聡さん本人とわかならい特殊メイクがまた、恐ろしかったです。

 

そういう意味でも「ミュージアム」は見応えあるおススメの映画なので、レンタルしてしたらいかがでしょうか?

 

あなたも手汗必須の緊張を味わってみたら、いかがでしょうか?

 

夜の暗ーい部屋で、ぜひ、観てください。

 

最後まで、ご覧いだただき、ありがとうございました。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です