2017/06/25

専業主婦から仕事復帰する方法|ハードル低い自分の都合で働くコツとは?

 

この記事を書いている人 - WRITER -

 

今回は、ずっと専業主婦だからこそ、働き出すのに”心の準備”が必要だったという話、ども、びなっち(@beauty_nachi)です。

 

30代の専業主婦K.Sさんが、仕事復帰する理由は、これでした。

 

「高給でもなかった夫の給料がさらに減ると知らされました」

 

「小さい子もいるし、自分に仕事もない。これからとにかくお金がかかるのに…」と不安になったそうです。

 

「まずは、出来ることから節約をしよう」

 

これから先のことを不安に思っていても仕方ない、何かしら行動とるしかありません。

 

「まず夫の小遣いは外食代も含めて2万でした。

 でも、昼食をお弁当にすることで1万に減額。

 そもそも仕事が忙しくて飲みに行く機会も少ない。

 だから1万円で充分だと言ってくれました。」

 

節約するにしてもコレだけは譲れない!

 

「月々の食費は削ろうとするとストレス。

 反動で、その分使いたくなる。

 健康も維持することが、医療費の節約でしょ。

 だから、食費は削りませんでした(笑)

 むしろ調味料などをいいものを使うことにしました。

 値段は高くなっても買い換える頻度は少ないので、

 毎日の料理が楽しくなります。」

 

専業主婦の腕の見せ所!!

 

「食材は一切無駄にしないような買い物をする。

 週一の割引タイムにまとめて買い出し、平日はほぼ買い物はしません。

 安いからとちょこちょこ買っているのがけっこう出費になりますから。

 土曜には冷蔵庫が空っぽでも缶詰や乾麺などを使ってしまう。

 そうすれば、在庫整理にもなっています」

 

「これで、給与の減額分の補填と数千円から1万円のプラスになりました」

 

それでもK.Sさんは、不安だったのです。

 

「主人に何かあったらどうしよう?」

 

給与が減りボーナスカット。

 

将来への不安を助長させたのです。

 

 

専業主婦歴が長いし、仕事復帰できるのか?

K.Sさん、「働いた方がいい」と漠然と考えたものの

  • パソコン操作もままならないから今のところ事務職は無理?
  • 小学生の長男はまだしも、長女の幼稚園の送り迎え、子どもの病気や夏休みなどのお休み期間など、誰に面倒を見てもらう?
  • 家事や育児のペースに「仕事」がプラスになったら、どうなるの?

 

都合良く仕事はあるのか?と、それも彼女の不安材料になったのです。

 

 

仕事復帰の理由を明確にする

長い期間、社会で仕事をしていないし自分の都合ばかりで…と面接の電話にも気が引けてしまいがちです。

 

なぜ、働きたいのか?

 

「お金が欲しいから」

「時間に余裕があるから」

「子ども以外の知り合いや友人が欲しいから」

「手に職をつけたいから」

 

など、人によって仕事を始めたい理由は異なります。

 

でも仕事復帰への理由が明確にあれば、次のステップへ進めることができます。

 

 

「都合の良い条件」それは、身近なところで働きだす

K.Sさんは、自転車で10分の大型スーパーで働き始めたそうです。

 

「無理のないペースで働くことからスタートさせようと思ったのです。

 週2〜3の勤務でいい。

 子育てをしながら働いている主婦も多いところ。

 子どもの幼稚園の送り迎えや病気などへの配慮が大きいこと。

 土日のどちらか勤務があっても、主人の協力があり安心」

 

「幼稚園も夕方まで預りサービスを始めているところが多いです」

 

在宅ワークを考えたそうですが、

パソコンが不得意』であったこと、

外に出て仲間が欲しかった』ことでスーパーのチラシの「パート募集」へ応募したそうです。

 

「時給は、決して高くはないでしょうが、子育てへの影響はほとんどないです。

 同じ境遇のパートさんばかりなので、相談も出来て家にいたときより楽しいですね」

 

 

仕事を探すときのポイント

K.Sさんのように、「ブランクあって、子育てしながら働く」という場合には、スマホアプリで仕事を探すのは不向きです。

 

仕事件数が一見多くありますが、居住地域に絞り込むとかなり減ってしまいます。

 

また、「時給が高いから」と探しても、それなりの高い理由が仕事内容にあります。

 

せっかく、仕事を始めようと思ったのに、働く意欲を失うことにもなりかねません。

 

子育てママにとって都合良く働ける職場は、新聞の折込チラシにある募集広告やタウン就職誌、自宅周辺のお店の張り紙募集など、地道に探すことをおススメします。

 

まずは、3ヶ月間。

 

長く働けば働くほど、フルタイムで仕事をすることだって出来るようになっていきます。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

専業主婦が仕事に復帰して給与をもらうことで、節約ばかりの生活から多少なり余裕を持たせることができます。

 

K.Sさんも「自分が働き、多少なり余裕が持てて、毎月の貯蓄とボーナスは手を付けず1年で100万を貯めました」

 

節約生活を続けていたようですが、年間100万円を貯蓄するって、凄いですよね。

 

専業主婦が働きだすことに、メリットも大きくありそうです。

 

最後まで、ご覧いただき、ありがとうございました。

 

 

この記事を書いている人

 びなっち☆ 

 認められたい、褒められたいママをサポート、びなっちにおまかせ! 

 とにかく、楽しいことが好き。

 ネイルサロン経営失敗をバネに色々と挑戦中!

 あなたのワクワクさせるイベント企画や私の起業のことすべて教えます(^0^ゞ

 座右の銘 ”充実感が生きてる証♪”

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© BENACHI びなっち , 2017 All Rights Reserved.