ハンドメイドマーケットたった1日でディスプレイを変更!その3つの理由とは?

ハンドメイドマーケット「メイカーズ」に初出店。

 

2日目にレイアウトを変更しようと決断しました。

 

ども、びなっち(@beauty_nachi)です。

 

今回、初出店で、何もかもわからないな中、3日目の奇跡

 

 

初日の売上の約3倍に

 

1日にして出店料より多くのお金を売上ることができたのです。

 

初日(前編)「1日目に問題勃発!?」について

 

では、二日目はどうであったのか?

 

大きな決断を迫られることになります。

 

 

初日で決断した3つの理由とは?

初日に、思うように売れない

 

私たちの思いは、「何かをしなくちゃ」という気持ちが強くありました。

 

この3つのことから行動へと繋がりました。

 

  1. 一番売りたいものが、見えにくい配置だった(誘導作戦の失敗)
  2. 「ハーバリウムの体験はしてないのですか?」3人に聞かれる
  3. 出展経験の豊富なお隣ブースさんから「ワークショップの方がいいですよ」と言われた

 

終了18時以降にレイアウトを変更

 

姉は、ワークショップの準備のために2時間しか寝ないで頑張ったのに・・・

 

しかし、初日とほぼ同じ売上金だったのです。

 

それは、なぜだったのでしょうか?

 

 

ワークショップへの反応は良かったが、運がなかった

二日目は土曜日です。

 

篠原ともえさんのイベントショーもあり、3日間で最大の盛り上がりになると予測していました。

 

『篠原ともえさんが、私たちのブースの前に!

綺麗だし、可愛いし、顔小さいし、細いし・・・これが芸能人!!』

(マダムびなっち負けを認める)

 

芸能人を目の前にして、ちょっとソワソワしちゃいましたw

(手も振ってくれたしね)

 

販売面積を3分の1、ワークショップの2席確保

レイアウトの変更で、ワークショップの受け入れば万全です!

 

11時の来場と共に・・・

 

『このワークショップはコチラのことですか?』

 

パンフレットを見せながら、尋ねる女性2人がいらっしゃったのです。

 

『(私たちの値段設定と違うし、パンフレット??嫌な予感・・・)』

 

実は、土曜日限定で「ハーバリウムのワークショップ」が2件もありました。

 

 

さらに、私たちの設定価格より安い!!

 

追い撃ち状態

そして、最悪なことに、販売スペースの方へ、人がきている状況でした。

 

3分の1にしてしまったのに・・・

 

 

終了18時からレイアウト変更は無謀だったのか?

11時からオープン、14時を回った頃

 

売上は、わずか数千円

 

『オルゴナイトってなんですか?』

 

『ハーバリウムの中は、何が入っているのですか?』

 

興味を示してくれるお客様

 

繰り返される同じ説明。

 

でも・・・

 

『ありがとうございます。また、ちょっと他を見てきます!』

 

ブースから立ち去って行くのです。

 

『簡単には、売れないなぁ・・・』

 

この時、ずっと立ちっぱなしで疲れているのもさることながら、「このまま終わってしまうのだろうか」という心労の方が大きかったと思います。

 

救われたこともある

ただ救われたのが、初日も二日目も16時以降に売上金の7割を占めていました

 

色々見てから戻ってくるお客様や何か買って帰ろうという気持ちが強いと思われ、「ラストスパート買」がすごかったです。

 

この傾向は、3日間の全てにありました。

 

 

販売中心のレイアウトに戻すか、このままのレイアウトで行くか

非常に悩みました。

 

レイアウトを変更したことで、販売に影響が出たことは明白です。

 

売上額は、ほぼ一緒なのに、ワークショップ費用を引いたら、初日より販売額が下がっていたからです。

 

もともと、販売がメインでしたし、

材料費もかけて、相当数を作って出店に臨んでいます。

 

 

現状、ダンポールが空になるどころか、売れ残っている数が、ほとんどです。

 

私たちは、どちらを選択していいかわからなくなっていました。

 

 

二日目のワークショップの結果は?

ワークショップに参加された来場者がいなかった訳ではありません。

 

  • 16時 1名
  • 17時 2名

夕方になり、土曜限定のワークショップが満席で終了するためか、少しだけ流れてきました。

 

「また明日来よう!」という方は少ないですし、どうしても体験して帰りたい方だったようです。

 

 

最後に決断させたのは?

リサーチです。

 

会場全体のハーバリウムのワークショップの数。

 

日曜日に、どのくらいワークショップをしているか予想の部分もあります。

 

でも、土日限定の安いワークショップがない分、私たちに有利だとその時は、思うしかありませんでした。

 

『(もう、レイアウトを変更するのも嫌だった!!)』

 

三日目は、同じスタイルで継続することにしたのです。

 

 

びなっちのレジンクラフトのワークショップは?

以下の理由で断念しています。

 

  • UVランプのための電源がない(出店前に電気工事を依頼しなければなりません)
  • 目の前に、パジコさんのワークショップをしていた

※ 「パジコ」とはUVレジン液やシリコンモールドなどのを販売する有名な会社

 

ライバルとなる出店者がいたとしても、レジンクラフトのワークショップはありだったかもしれません。

 

ただ、充電器などの確保などハードルが高かったので、やめました。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

初日に続き、二日目も非常に悩みました。

 

「何が正解なの?」

 

どうやって行動するべきなのか?

どこに判断を持って行くべきなのか?

 

全く、わからなかったのです。

 

そして、三日目の奇跡。

 

完結編に続きます!!

 

では、では。

 

最後まで、ご覧いただき、ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です