え、ほんと?ハンドメイドマーケット三日目の売上が3倍になった3つの行動

三日目の奇跡!!

 

ハンドメイドマーケット「メイカーズ」に初出店。

 

ども、びなっち(@beauty_nachi)です。

 

出店の目的は、メインにハーバリウムとオルゴナイト(レジンクラフト)の販売です

お金の話をするといやらしい感じですが・・・

 

 

三日目に、初日の約3倍の売上を記録(出店料を軽く上回った金額だよ)

 

『こんなに、早く結果を出せるとは思いませんでした』

 

ハンドメイドマーケット「メイカーズ」の他の記事

■前日から初日

 

■2日目

 

 

なぜ、三日目に売上を3倍にできたのか、3つの行動についてお伝えします!

 

 

(1) チャレンジ

初めてのことだらけですから、来場者数やお客様の層、会場の雰囲気、人の流れなど予測不可能

 

去年のデータや写真を確認するしかありませんでした。

 

ただ、一つだけ、臨機応変に試す方法は決めていたのです。

 

 

ポップなポスターを作る

 

【オープン直後】

 

【終了直前】

 

 

ライトアップを追加したのは姉のアイディアです。

 

商品を目立たせ、人の目を止めること

 

立ち寄る人たちの目線お話する内容から、1日中、変えていました。

 

ポップ画用紙の「キャッチコピー」も変えます。

 

例えば

「テレビの横に置いて電磁波を予防しよう」

「パワーを感じるオルゴナイト、お土産にいかがですか?」

 

同じ商品なのに、全く違った内容を書いてお客様の反応をみていました。

 

 

チャレンジしたことで得られたこと

① 手書きポップの反応がよかった。

 

アナログだな・・・と正直思ってました。

でも、パッと入る文字に反応してくれるのかと実感できたのです。

 

② ライトアップ「光」の効果

 

この反応は、すごかった!

他の出店者さんからも「ライトだけ売って欲しい」と何人から問い合わせがあったほどでした。

 

 

 

(2)決断力

2日目から「ハーバリウムのワークショップ」を決めたことです。

 

『3人の方から「ハーバリウムの体験はやってないのですか?」と問い合わせがありました』

 

声をかけてきたのが、3人。

もっと、体験したい人はいる!と確信したのです。

 

 

そして、頭をフル回転

 

  • 1回に何人まで対応可能か?
  • レイアウトの変更
  • 材料の数

 

販売をメインにしていたので、仕入れた材料で作品を多く作っていました。

 

しかし、あと50個以上のハーバリウムを作れる材料はあったそうなので、数的には問題ありません!

 

だったら、やるしかない!?

 

 

決断したことで得られたこと

売上が3倍になったことです^^

 

このイベントで求められていることをそのまま形にできたことが、「勝利」と言ってもいいかもしれません。

 

 

 

(3)我慢

二日目、大変な思いをしてワークショップもできるようにしたものの初日との売上は変わらず、疲労だけが残りました。

 

 

ワークショップも3人の参加だけ。

 

 

気力を失ったのも、販売のスペースを3分の1にしたことで、販売の売上は激減。

 

土曜日の来場者数は、前日よりはるかに上回っています。

 

失敗

この2文字が、私たちの頭をよぎります。

 

とにかくリサーチ

タイトル

1日目は、「ワークショップをしたい」と問い合わせが3人

2日目は、夕方まで無反応。やっと夕方から3人のワークショップができる

 

人が寄り付いてこない時間は、姉と交互に会場を周りリサーチです。

 

『何が前日とは、違うのだろう』

 

タイトル

ハンドメイドマーケット三日間で二日目はワークショップが最大数であったこと

 

私たちのブースで「ハーバリウム体験」をしなくてもいい理由がそこにありました。

 

土曜日限定で、私たちが設定した値段より安く「ハーバリウム体験」ができたからです。

 

 

我慢したことで得られたこと

販売しようとした在庫の数を考えると、初日のディスプレイに戻すか悩みました。

 

しかし、このままで行こうと考えたのは、この3つの理由です。

  • ワークショップが土曜日限定であったこと
  • 初日の2倍の売上は期待できそうになかったこと
  • 終わってから、ディスプレイを変更する気力がなくなっていた

 

『このまま、終わってしまうのか?会場費代しか元取れてないけど・・・』

 

 

3日目:オープン直後

相変わらず、オープン前から今か今かとお客様は、並んで待っています。

 

これは、三日間、同じでした。

 

最終日11時オープン

 

来場者数は多くても、私たちのブースには人が来ない、ちょっとブルーな気持ちです。

 

快進撃が始まったきっかけ

仲良くなったお隣のブースの方から「ハーバリウムの体験をしてみたい!」と言われていたのです。

 

始まったばかりでは、忙しくないだろうと「ハーバリウム体験」をしていただきました。

 

そこからです。

 

「体験したいのですが、できますか?」という方が次々と現れたのです。

 

『あっという間に、15時まで予約が埋まった!』

 

 

その後も予約が入り、最終の17時まで予約はびっしり状態

 

 

人が集まっていると、販売のブースにも人が立ち寄り始めます。

 

販売だけでも初日より売上が躍進。

 

これぞ、ミラクル。

 

三日目の奇跡

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

三日目の奇跡は、偶然ではありません。

 

短期間の中で「何かしなくては!」という気持ちが強かったと思います。

  • チャレンジ
  • 決断
  • 我慢

 

最後に、笑えてよかった♪

 

そして、この経験は「ハンドメイドマーケット ミンネ2018」に生かします!!

 

では、では。

 

最後まで、ご覧いただきありがとうございました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です