600万の赤字サロン廃業から一般社団法人を設立した永遠の仕事人間です

ハッピーに節約、貯蓄を倍増ブログ|有名ブロガー4つの方法「ビビット」に登場!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
美容ブロガー・一社オルゴナイトワークス協会代表理事 元ネイルサロンオーナー。大赤字600万円になり廃業。次に選んだ仕事が「アフィリエイト」社会との断絶、ちょっぴり失語症に。直接、人と関わる仕事がしたい希望から講師業を選び、「オルゴナイト」に出会う。

国分太一さんと真矢ミキさんがMCをつとめる朝の情報番組「ビビット」

 

今日は「お金を貯める4つのルールをご紹介します!」

 

紹介してくれるブロガーさん「ハッピー節約で3年間の貯蓄額とは?」

 

興味津々、ども、びなっちです。

 

9時頃、わたしは娘を保育園に預けて、その後、事務所まで車移動する時間帯。

 

今回の「ビビットフォーカス」は、節約と貯蓄のこと「サンキュ(ベネッセ運営サイト)」の人気のブログから、主婦ブロガーの伝授コーナーです。

 

ご安心ください。

 

キチンと停車して観ましたから(笑)

 

ビビットは、生活情報番組として参考になるし面白いので、車の移動時に絶対観てます!

 

トップブロガーさん、って?

節約

ペンネーム:ここゆきさん

 

家族構成:夫(34歳)・長女(4歳)の3人暮らし

夫の月収:平均35万円

ここゆきさんは、3年間で470万円の貯蓄に成功!!

 

結婚前は、「あるだけ使ってしまう、貯金は一切なし」という浪費家だったとのこと。

 

子どもができたことで、節約・貯金に目覚めたといいます。

 

 

お金が貯まる4つのルール

節約術・貯金術を紹介

貯蓄

 

① 冷蔵庫のルール

② クローゼットのルール

③ 家計簿のルール

④ 買い物ルール

 

① お金が貯まる冷蔵庫のルール

在庫一掃デーを作る
節約

週に1度 からにする日をつくると、食材を捨てることがなくなり、無駄な出費を抑えることができます。

 

 

② お金が貯まるクローゼットのルール

服の数 < 着回しパターンの数
節約

トップス14枚以内、ボトムス5枚以内で、着回しを30パターン以上できる服を選ぶ。

シンプルな服が多く、洗濯物のホツレで捨てることになったら、それに似た洋服を買い換える。

 

(クローゼットはスカスカでした…)

 

③ お金が貯まる家計簿のルール

ここゆきさんはノート派 「給料日をスタート」「項目ごとに欄を分ける」
貯蓄

収支の管理から、節約に役立て、無駄をなくしているそうです。

 

「うちは全部保険で先取り貯金」
貯蓄

貯金を保険にしている理由は、

  • 簡単に使えないから
  • ライフスタイルで必要なときのために(大学入学や老後など)

だそうです。

貯蓄

 

※「先取り貯金」とは、給料日に最初からなかったお金として取り分け、残金でやりくりする

 

④ お金が貯まる買い物ルール

寄り道をしない
節約

何を買うかメモを書いておくのは、よくある節約パターン。

 

さらに、それをスーパーの食品売り場ごとに書き換えるのです。(← やることがハンパない!)

節約

 

スーパーで贅沢していることがある

どんなに高くても「果物を買う」。

朝は、必ず娘さんと果物を「美味しいね」と言いながら食べるといいます。

 

「食が豊かじゃないと、どんなにお金があっても心は貧しくなる」

 

 

ここゆきさんの節約ルール

貯金もして節約し、購入したのがこちら「60インチの4Kテレビ(29万円)」
節約

 

節約しながらも豊かに暮らすのがモットーだそうです。

 

 

[おさらい]お金が貯まる4つの方法

節約 貯蓄

[1] 貯金は、保険で貯める

ちなみに、現金で貯蓄もしているそうです…

保険の見直しならプロへ相談 【保険相談Navi】

 

[2] 冷蔵庫からっぽデーをつくる

 

[3] 洋服の数はオールシーズンで19着

 

[4] 買い物メモは、売り場ルート順に書き直す

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

わたしも自分自身の体験やアンケート調査なので、節約できる人、お金を貯められる人は同じことをしているとつくづく感じています。

 

しかし、聞けば聞くほど、細かいことが節約術では出てくるのだと改めて関心しているのです。

 

とはいうものの、心が豊かでいられるくらいの節約術と貯金の方法を見つけることも大切だと思います。

 

最後まで、ご覧いただき、ありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
美容ブロガー・一社オルゴナイトワークス協会代表理事 元ネイルサロンオーナー。大赤字600万円になり廃業。次に選んだ仕事が「アフィリエイト」社会との断絶、ちょっぴり失語症に。直接、人と関わる仕事がしたい希望から講師業を選び、「オルゴナイト」に出会う。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© BENACHI びなっち , 2016 All Rights Reserved.