2017/09/16

オルゴナイトの銅線の巻き方を実演!右巻き、左巻きの意味は同じじゃね?【作り方☆基礎編】

 

この記事を書いている人 - WRITER -

 

あなたは「オルゴナイト」を作りたい?

 

動画によって銅線の巻き方、違いますよね? 

ども、びなっち(@beauty_nachi)です!

 

私も見よう見まねで、水晶に銅線を巻いて見たのですが・・・

 

なんかいまいち。

 

そして、いつも行く鍼治療院で「オルゴナイト」と運命的な出会い!

 

『最初は、そんなに、興味なかったでしょw』

 

『(ホントんところ、突かれたw)

 いや、とても綺麗なオブジェだなって感心しましたよ。』

 

『あんた、やっぱ口がうまいわw』

 

『お褒めいただき、ありがとうございます。

 ただ、レジンクラフトでピアスなどを作り始めて

 大きなレジンアートに挑戦したくなりました。』

 

と言うわけで、その鍼治療院でオルゴナイトワークショップに参加したのです。

 

 

『ワークショップで教えていただいた銅線の巻き方が、

 オルゴナイトの作品になった時、とても綺麗に見えます

    今回は、その水晶への銅線の巻き方について説明しますね。』

 

 

オルゴナイトの基本的な巻き方|ポイントは始点と終点

水晶に銅線の巻き方を、動画にしてます。

 

水晶への銅線の巻き方

水晶に大きさに対して、巻きつけたら?と想像して銅線を切るのは至難の技。

ちょっと長いかも?』と思ってしまうほど、大胆な長さでカットしましょう。

水晶に巻く銅線が足りなくなると、

水晶から取れてしまったり、見た目もかっこ悪くなります。

最初に、ワッカを作ります。

1〜2回巻きます。

 

ここからは、手で巻いていきます。

水晶がツルツルしているので、片方で先に巻いたワッカを固定。

反対側の手で、くるくると巻いていきます

銅線を残すようにしましょう。

終点側からもペンチを使って巻きます

 

反対側からもペンチで巻いていきます。

巻き切って、水晶に押し付ければ完成です。

 

 

巻き方のポイントは、銅線を間を少なくして、細かく巻くことです。

そうすると、オルゴナイトの水晶ポイントが、

銅線が細かく巻かれている綺麗に映えるからです。

 

 

 

【くるくるアップ】

始点と終点の導線は、こんな感じで巻いています。

【水晶ポイント】

水晶ポイントです。

ほぼ水晶は透明に。

銅線のくるくる感が浮いて見えます

そのため、細かく巻くとより綺麗に見えるのですね。

 

 

左巻き?右巻き?の意味とは?

ネガティブの気を取り込み、ポジティブの気の流れを作り出してくれる変換器

【右巻きの銅線】

 エネルギーを循環させ、増強・増強させるパワーアップ(イメージ)

 

【左巻きの銅線】

 エネルギーが浸透し、広がっていく(イメージ)

 

『右巻きと左巻きのエネルギー変換の違いは、よく分かりませんでしたw』

 

『それ、言ったらあかんちゃいますの?』

 

『あ、失礼しました。

 左巻きについては、

 他で調べてみると”エレルギーを体外に放出させる”というのも書いてありました。

 もともとネガティブな気の流れを変換してくれるのだから、

 そうそう巻き方では変わらないというのが、自論です♪』

 

『そうなんですねぇ〜』

 

『人には、癖もありますから、「巻きやすいやり方」でいいと思いますよ♪」

 

 

最後に ☆お知らせ☆

『動画や冊子の作り方では、やっぱり、わかんない!』

 

制作キットを買って、手順通りに作っているはずなのに、できない方は少なくありません。

失敗でキット代やレジン液、パーツなど無駄にしたくないですよね。

 

1回ワークショップへ参加しただけで、

思い通りにキレイなレジンクラフトが作れるようになる方が多いです。

 

あなたが、何につまづいているか、ワークショップの講師がいるからこそ解決します。

 

■ 講師はこんな人

 

東京都五反田でレジンクラフトワークショップを開催しています!

 

レジンクラフトのワークショップ情報はこちら

 

よかったら、遊びに来てください。

 

では、では。

 

 

この記事を書いている人

 びなっち☆ 

 レジンクラフトデザイナー(裏の顔 趣味多彩な稼ぐスーパー主婦)

  とにかく、楽しいことやキラッキラが好き、びなっちにおまかせ! 

  ネイルサロン経営失敗をバネに色々と挑戦中!

  あなたのワクワクさせるイベント企画や私の起業のことすべて教えます(^0^ゞ

 座右の銘 ”充実感が生きてる証♪” 

  詳しいびなっちを知りたい!「プロフィール」をご覧くださいませ♪

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© BENACHI びなっち , 2017 All Rights Reserved.