600万の赤字サロン廃業から一般社団法人を設立した永遠の仕事人間です

写真で稼ぐ初心者におススメな方法「photo AC」知ってますか?2016年6月開始

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
美容ブロガー・一社オルゴナイトワークス協会代表理事 元ネイルサロンオーナー。大赤字600万円になり廃業。次に選んだ仕事が「アフィリエイト」社会との断絶、ちょっぴり失語症に。直接、人と関わる仕事がしたい希望から講師業を選び、「オルゴナイト」に出会う。

 

カメラマンじゃなくても、「写真で稼ぐ方法」があるって。

 

いい時代です。

 

ただ・・・簡単には稼がせてはくれません。ブログと一緒です。

参入しやすからこそ、稼ぐのは大変。

 

でも、ネイルサロンで使うために買った

『Nikon デジタル一眼レフカメラ D610 ¥124,980』は、回収したいなぁ・・・

 

すでに、閉店しちゃてますし。

 

 

こんにちは、趣味多彩な稼ぐスーパー主婦のびなっち@beauty_nachiです。

(主婦でありながら、家事とか料理とかは苦手・・・)

 

フォトストックは主婦の小遣い稼ぎ

 

テレビや新聞で、「主婦がカメラで稼ぐ」みたいな特集が、ここぞと紹介されました。それは、写真素材を使うのは高いものだという概念を覆したサービスが始まったことからです。

 

「もっと気軽に使いたい」というニーズとあって、撮影した写真に払う費用が抑えられれば、買い手にも安く提供することができますよね。私ブロガーにとっても無料素材はなくてはならないものになりました。

 

それが・・・

ネットビジネス「ストックフォトサービス」

写真の素材は、とっても、需要があるのです。

 

フォトストックを始めたのですが・・・審査落ちで写真の販売にもいかないということで、すぐに横展開しました。

[card id=”投稿ID”]

 

つまり、「ピクスタ」ではなく、もっと稼ぎやすいフォトストックはないか?探しました。

 

 

ブログ用素材に使っていた「Photo AC(フォトエーシー)」

とくに、身近な生活写真がたくさんある

例えば、『納豆』の写真素材が、1回のダウンロードにつき2.25円になります(2016年6月現在)

 

このストックフォトサービスは、無料写真素材『photo AC』です。

 

用途は多岐に。ブログ用の写真素材で使う

わたしが使うときには、『illustator(イラストレーター)CC 』で加工します。

 

使われそうな(ダウンロード)写真が、わかりやすい。それで、私も早速、クリエイター登録しました。

クリエーター登録すると自分で撮影した写真がアップされ、ダウンロードされると数円の費用が貰える。

 

 

フォトストックの副業にもオススメする理由

コンデジ・スマホで撮影した写真も、売れる

【PIXTA(ピクスタ)】では、一眼レフカメラで撮影することが必須でしたし、審査でよく却下されてました。撮影する腕がないといえば、その通りなのですが。

 

ブログで使う素材では、非日常より日常の写真の方が好まれます。

さりげなく撮影された風景が、使われるニーズが高いともいえます。

 

ただ、肖像権などの問題からPhoto ACも審査されることになっています。

 

今のところ『photo AC』が審査に通りやすいですし、承認までの日数もかかりません。

※2016年7月12日(火)から『審査制』になりました。

 

以下の条件を確認して、自分の写真を投稿します。

 

  1. ピンぼけの写真ではないこと
  2. 商業施設内・私有物・商品は許可を得て撮影していること
  3. 人物や動物の写真は、許可を得て撮影していつこと
  4. わいせつな画像・公序良俗に反する画像ではないこと
  5. 他人の著作権を侵害している写真ではないこと
  6. 『photo AC』利用規約に同意すること

びなっちの『photo AC』ページ、どんな写真をアップしているか、是非、見てくださいね

➡ 『びなっちページ

 

 

画像処理をしてもいい

青空にメッセージやビックリマークなど、写真を加工して売ることが可能です。

人物と吹き出しのイラストを組み合わせて、ダウンロードした人は、そこへ文字を入れるなど、使用者の一手間が減ったりします。

 

 

金額は小さいけど、動きがある

  • ピクスタで売れたら、数百円
  • フォトエーシーで売れたら、数円

 

大きな違いかもしれません。

 

使う側からすると、フォトエーシーは、無料で使う、もしくはたくさん使い方は、有料でも料金の安さから多くの方から支持されてダウンロードされています。

写真で稼ぎたいと思う側としては、続けるモチベーションとして数円でもダウンロードされる方が、確実に収入を手にすると感じると思います。

 

この二つの素材サイトの違いは、あくまでも、わたしの印象ですけど。

🙂 『PIXTA(ピクスタ)』は、会社ホームページのトップや雑誌の広告紙面などに利用されるイメージ

🙂 『photo AC』は、Webサイトのコンテンツやブログの記事などに使用されるイメージ

『photo AC』無料写真素材サイトなので、気軽にダウンロードできるので助かってます。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

世の中で、お金を稼ぐとは、簡単ではありません。

でも、何もしなかれば1円も稼げないのも事実です。

 

もし、写真を売ってみたいと思ったなら、「ピクスタ」ではなく「フォトエーシー」にしましょうね。

 

では、では。

最後まで、ご覧いただき、ありがとうございました。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
美容ブロガー・一社オルゴナイトワークス協会代表理事 元ネイルサロンオーナー。大赤字600万円になり廃業。次に選んだ仕事が「アフィリエイト」社会との断絶、ちょっぴり失語症に。直接、人と関わる仕事がしたい希望から講師業を選び、「オルゴナイト」に出会う。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© BENACHI びなっち , 2016 All Rights Reserved.