ホットペッパービューティー無断キャンセルをブラックリスト化!?サロンは何を学ぶべき?

ビナッチ

店舗経営していたら、キャンセルはもちろん、無断キャンセルもあるある。

こんにちは、ビナッチ(@beauty_nachi)です。

 

そして、その無断キャンセルしたユーザーのブラックリストは存在するのか?

 

はい、存在します。

 

とある条件で「ブラックリスト」になるのですが・・・

 

今回は、ホットペッパービューティーを集客にときに知ってほしいこと「キャンセルによる売上はどうなるの?」です。

 

 

ホットペッパービューティーを広告媒体に使うときの心得です!

「口コミを3倍に増やす方法。ホットペッパーを使うなら」

「【公開】これがPV数アップの全て!ホットペッパー集客対策」

 

無断キャンセルのデータ公開

ネイルサロン キャンセル

実際に、どのくらいのキャンセルが発生しているのでしょうか?

実際のホットペッパービューティーの2015年春のキャンセル率を公開

🙄 2015年4月データ

来店数104人 (新規)39人(再来)65人

キャンセル25人 (電話)15人(ネット)9人(無断)1名

キャンセル率19.3%

 

🙄 2015年5月データ

来店数101人 (新規)39人(再来)62人

キャンセル25人 (電話)17人(ネット)8人(無断)0名

キャンセル率19.8%

 

春の時期は、約20%のキャンセル率です。

 

もし、5,000円の施術費用でキャンセル枠へ予約が入らなかったら。

予約枠100人 100人 80人(20%キャンセル)
売上 500,000円 400,000円

 

単純計算ですが、予定した10万円の売上が0円になります。

 

なぜ、キャンセルするの?

ネイルサロン キャンセル

もちろんお客様商売であれば、キャンセルを起きます。

しかし、20%はネイルサロンの経営へ影響があります、いえ大有りなのです!

 

ユーザーの心理とは、このネット予約でどう変化したのでしょうか?

 

ダニ子

私(?)も活用してます! Web予約は便利ですよね。

そうなんです。仕事をしていると電話をできないことありますからね。

ネイルサロンにとっても、お客様にきていただく機会が増えるのはハッピーです♪

ビナッチ

 

ユーザーにとって、いつでも予約できること、さらに、いくつかのネイルサロンから選べることは、使う人が増えています。

 

ダニ子

そうですね!

直前になり予定が入ることあるし「今、行きたい!」となると「他のお店に行こう」ということもありですね。

ユーザーさんにとって行きたい場所のネイルサロンが一覧になっていたら、ここじゃなきゃダメという理由が薄れているのも確かでした。経営していた実感です。

ビナッチ

 

ユーザー目線になったとき「キャンセルしても他で探せる」という安心感からキャンセル率が高くなっていると考えています。

 

「ブラックリスト」とは?

ネイルサロン キャンセル

もし、無断キャンセルしてしまった場合に、ユーザーさんへホットペッパービューティーの対応は、以下の通りです。

 

 

無断キャンセル→予約システムで通報。

3回の無断キャンセルで、そのネイルサロンの予約ができない

※但し、他のネイルサロンの予約はできます

 

 

キャンセルした人は、そんなに罪が重くない!?

 

3回も無断キャンセルする人なら、他のネイルサロンでも同じことをしてると感じます。

 

アカウントを複数もつ

ときどき複数のアカウントを持つ方がいます。

 

予約ボード(ネイルサロンが使用する画面)には、お客様の基本情報を一部開示されます。

ユーザー名が別人であっても、アカウント情報で一部でわかることができます。

 

別のアカウントを悪質で取るのはやめましょうね。

 

キャンセル対策

ネイルサロン キャンセル

果たして、キャンセル対策はあるのでしょうか?

 

・電話かメールで、二日前に事前確認を行う

 

一番、これがキャンセルした場合に「次の予約が入る可能性」にも繋がるのです。

 

絶対に「ここがいい!」サービス内容を考える

爪のケアを考えたサービス(爪に優しいジェル、アセトンを使わないなど)

他にない、少ないサービス(追加パーツの種類の多さなど)

ネイル以外のサービス(ハンドマッサージ、マツエクの同時施術など)

 

言うは簡単ですよね。

でも、他のネイルサロンも「面倒だな・・・大変だな・・・」と思うことが出来たら、キャンセル率が下がると感じていました。

 

追加パーツを実施

 

余談|やめたいのに、やめれない

ネイルサロン キャンセル

ホットペッパービューティーは、掲載費用が高く、個人事業主のオーナーには負担増です。

 

ダニ子

キャンセル多いし、掲載費用が高いのなら、他の集客方法を探せばいいじゃないですか??

ここが辛いところ・・・

もちろん高いお金を払い、キャンセルが多く、売上に貢献していないのなら解約ですけど・・・。

ビナッチ

 

が、しかし・・・看板も出していないマンションの一角で100人以上の集客が出来る方法が見つかりません

だから、解約する勇気なし

ホットペッパービューティーは高いし、キャンセルは多いし、踏んだり蹴ったりじゃん!

 

ネイルサロンの本業以外に「売上の柱」を持つことが必要になると思います。

 

もちろんネイルサロンを軌道に乗せることは、もっとも重要なことではありますが、

  • ネイリストの雇用問題
  • お客様のキャンセル問題
  • リピーター様の生活環境の変化

安定した売上を上げられない要因が、いつもオーナーの心配の事になることを私も知っています。

 

他の「売上の柱」を立てるネイルサロンオーナーへ計画中です!

 

まとめ

いかがでしたか?

 

「商売にはキャンセルはつきものだ」とは言うものの、キャンセル率が20%もあったらネイルサロン自体の存続問題ですよね。

 

「キャンセル料を取ればいいのでは?」

 

大昔は、その制度を取り入れたネイルサロンもありました。

 

これも他のネイルサロンがキャンセル料を取っていなければ「私のネイルサロンでは取ります!」というのも難しいでしょう。

 

それよりは「キャンセル対策」と「他に無いサービスを考える」をやりましょう!

 

毎日、何かをつぶやいています。フォローしていただけると嬉しいです^^

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です