600万の赤字サロン廃業から一般社団法人を設立した永遠の仕事人間です

ネイルサロンのメニュー料金の値上げのタイミング!3ヶ月後にした理由と結果は?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
美容ブロガー・一社オルゴナイトワークス協会代表理事 元ネイルサロンオーナー。大赤字600万円になり廃業。次に選んだ仕事が「アフィリエイト」社会との断絶、ちょっぴり失語症に。直接、人と関わる仕事がしたい希望から講師業を選び、「オルゴナイト」に出会う。

 

「決めた金額を値上げすることできますか?」そんな質問を受けます。

こんにちは、ビナッチ(@beauty_nachi)です。

ビナッチ

 

もちろん、できます!

 

値上げの理由は・・・

 

・材料費の高騰

・税金

・スタッフによるサービスの価値向上 など

 

いえいえ、値上げしたいのは、ネイルサロン開業時のコスト計算を間違えましたからですw

ビナッチ

 

こんな声が聞こえてきました。

 

計画通りなんて行くわけない!

 

ネイルサロン開業3ヶ月後に、定額コースの料金を値上げしました。

 

約3ヶ月くらいで、方向性も定まってくるので、料金を見直すチャンスとも言えます。

 

 

何に対して、値上げして、その理由と結果を、お伝えしていきます。

 

 

料金設定とは?

ネイルデザイン×施術時間

ネイルの施術時間が長い」というお客様の声があります。

ビナッチ

そのため、サービス向上の一つに時間短縮という課題があります。

 

早く終わらせるネイルデザインとは?

 

答えは「シンプルなデザイン」です。

 

その”施術時間”から”料金設定”をします。

 

 

ハンドネイル3つとフットネイル2つコースを用意していました。

 

ネイルサロン開業時のメニュー料金、ネイル施術予定時間

【ハンド】

シンプルコース 4980円 60分

スタンダードコース 5980円 70分

エレガントコース 6980円 80分

【フット】

スタンダードコース 5980円 60分

エレガントコース 6980円 80分

 

 

この時間内に施術が終了するためのネイルデザイン

 

どんなネイルデザインが良いかという考え方で、見本のチップを作成していたのです。

 

 

ネイルデザインは、場所で好みが変わる?

OLさんでも、職業によって、できるネイルデザインが変わってきます

ビナッチ

 

ネイルサロン開業後、3ヶ月くらいたったら、お客様の好むネイルデザインの傾向が分かってきたのです。

 

オープン当初、ひたすら見本作り。

ネイリストが、施術時間からネイルデザインを決めるというスタイルです。

 

頑張れ!!とにかく、ネイルデザインの数だぁーーー!

ビナッチ

 

これは、ネイルデザインの見本のプレートに数多くあることが必要だと考えていたらからです。

 

ホットペッパービューティーの営業からアドバイスもありました。

 

 

失敗?二子玉川では、好まれないネイルデザイン!?

ネイルデザインの数は多くなり見本も充実。

 

でも、何かが違う感じがしてならない・・・

 

ビナッチさん、二子玉川のお客さまは、主婦やOLの方が多いですよね

レオ

 

好まれるネイルデザインを指摘されたのです。

 

 

ネイルサロン開業3ヶ月間で見えたこと。

ジェルネイルデザインは、ネイリストが好む傾向と実際にお客様が好む傾向に、かなりの違いがあったのです。

 

確かに、そうですね。ネイリストたちは、目が肥えていますね

ビナッチ

 

シンプルなネイルデザインでは、あっさりしていてつまらない、そんな感じなのです。

 

『新しいネイルデザインにもチャレンジしたい!』

 

ネイリストたちは、新しいジェルネイルデザインの技法を学びます。

 

そうなると、OLがオフィスでするネイルデザインには向いてないものになります。

 

当たり前だった・・・

 

まさに、ネイルデザインが、ネイルサロンの出店先、立地に関係されるということに気づくのが遅すぎました。

 

今までの見本は、『原宿の奇抜なネイルデザイン』の多さ。

 

そして、ホットペッパービューティーのフォトギャラリーの閲覧ランキングでも証明されました。

 

ランキングトップ3は、

  • シンプル
  • 片手1本〜2本アート
  • 根元がクリア

なのです。

 

※根元クリアとは、フレンチデザイングラデーションのような爪先に色味があり、爪が生える根元はクリアジェルです。

 

グラデーションネイルデザイン見本はコチラ↓

 

これは、ハンドネイルのジェルネイルデザインのお話です。

 

 

ジェルネイルデザインの見直し

【変更前】 施術時間からワンカラーが多く、色味もビビット系が多いデザインでした。

ワンカラーでビビットカラー見本はコチラ↓

 

 

【変更後】

  1. シンプルコース オフィスワークで、「派手すぎず、目立たないオシャレ」
  2. スタンダードコース「多少なりアート」が欲しい方
  3. エレガントコース 職業柄やネイル歴が長い方などは「素敵なアート」

 

 

それぞれを3つのコースのコンセプト→ジェルネイルデザイン検討

 

『カラーを、淡いピン系、ベージュ系などに変えていきました』

 

さらに、ジェルネイル見本作成の注意点

  1. シンプルコースの施術設定時間 120分→90分(オフ込み)
  2. スタンダードコースのネイルデザイン アート数がバラバラ→片手2本アート
  3. エレガントコース 不明確なアートコンセプト→手描きやストーンなどガッツリアート

 

ちなみに、エレガントコースで手描きジェルネイルデザインが可能だったのも、チーフのアート力によるものです。

 

そのため、月1回のミーティングで、チーフからアート講習もしていました。

 

フットネイルデザインは?

ハンドネイルと違いビビット系の色味でシンプルもしくはアート性の高い2種類

 

足の爪は、小指は本当に小さいので、多少、派手でないと目立たないのです。

 

 

 

料金設定の変更『値上げ』

お客様が好むジェルネイルデザインのコンセプトにおいて、「ガッツリ、手描きアート」は時間がかかります。

 

ネイリスト給与と商材費用からメニュー料金の値上げをすることにしました。

 

ネイルデザインコンセプト変更後のメニュー料金、ネイル施術予定時間

【ハンド】

シンプルコース 4980円 60分

スタンダードコース 5980円 75分

エレガントコース 7980円 90分

【フット】
【フット】

スタンダードコース 5980円 60分

エレガントコース 7980円 80分

 

実際に値上げしたのは、「エレガントコース」だけです。

 

価格変更は「エレガントコース」だけ、それはなぜ?

こんな心配があったからです。

  • お客様の満足度を下げてしまう?
  • お客様がネイルサロンから離れてしまう?
  • 新規のお客様が予約しなくなる?

 

 

だから、メニュー表の料金を値上げした理由に説明がつく、エレガントコースのみを変更したのです。

 

 

料金改定後(値上げ)のお客様への説明

 ホットペッパービューティーと自社ホームページへブログからお知らせ

タイトル『価格変更とネイルデザインのコンセプトについて』

 

エレガントコースを選ばれたお客様

ネイリストたちから口頭で説明

 

ネイルサロン開業3ヶ月後で、新規のお客様の来店数が多かったので、比較的、変更しやすいタイミングであったと思います。

 

 

料金改定後のエレガントコースの予約率は?

 

もともと、予約率は10%以下でしたが、10%を超えることになりました。

アートを楽しみたい方には好評だったのです(☆゚∀゚)

 

ジェルネイルデザイン力は、集客力をつけるのに必要だと感じました。

 

一方で、口コミに 「ライトコースのネイルデザイン量が少ない」と指摘を受けました。

 

ライトコースはネイルデザイン見本がプレート30種類。

スタンダードとエレガントにはそれぞれに60種類以上であったからです。

 

そうなのです。

 

2倍近くジェルネイルデザインに差ができてしまいました。

 

これは、”シンプル”のコンセプトの基づき見本作成すると種類の多さを出すには限界があったのです。

 

ちょっとでも、見本を多くする!?

 

ネイリストからの提案でした。

 

シンプルコースに追加したのは、ラメのグラーデーションに、カラーとストーンやスタッツなどの種類を見本を作ったこの。

 

見た目が変わると、別物と感じるから不思議です。

 

 

最後に

いかがでしたか?

 

事業計画では、サービスに「お客様の声」を実現させるシンプルコースでした。

 

低料金であり、定額コースにこだわる。

 

低料金かつ短時間でできるネイルで満足いただきたい。

 

現実は、ホットペッパービューティーのキャンセルの多さに想定外な持て余す時間ができていました。

 

料金設定の設定は、非常に難しいのです。

 

お店の売上をアップさせたい。

 

それは、予想外の損失が多くあるからです。

 

ただ理由なくして、値上げはお客さまを置き去りにした改定であること。

 

サービスを始めたのなら、値上げの理由は重要です。

 

ネイルサロン側の対応によっては、離れていってしまいます。

 

 

消費税変更に伴う料金改定などの理由など、料金改定を慎重にしなければ、大打撃となりそうです。

 

では、では。

 

最後まで、ご覧いただき、ありがとうございます。

この記事を書いている人 - WRITER -
美容ブロガー・一社オルゴナイトワークス協会代表理事 元ネイルサロンオーナー。大赤字600万円になり廃業。次に選んだ仕事が「アフィリエイト」社会との断絶、ちょっぴり失語症に。直接、人と関わる仕事がしたい希望から講師業を選び、「オルゴナイト」に出会う。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© BENACHI びなっち , 2016 All Rights Reserved.