2017/01/26

ネイルリストの雇用形態「パート雇用契約書」の作成方法と見本公開、必須10項目とは?

 

私、夢を抱き40代で起業しました。

 

あなたは、ネイリスト雇用したときの人事の手続き完璧ですか?

どーも、びなっちです。

 

わたしのサロンで始めた時、正社員登用は、まだ先の話。

 

採用したネイリストの雇用形態は、「パート」でした。

 

今回は、ネイリストの雇用形態がパートとして、その【パート雇用契約書】の作成方法を詳しく、お伝えします!

 

そして【ひな形】をお見せします。

 

 

個人事業主、従業員の雇用形態はどうすればいいの?

まえおき:ネイルサロン経営は、個人事業主で従業員5人未満(ハンド3席、フット1席)計画

 

人を雇うこと初めてでした。

 

「人を雇用したら、何をすればいいの?」

 

起業初心者は、わからないことだらけで壁にぶつかり、前に進めないこともたびたび起こりました。

 

ネット検索で調べたり、無料相談はもちろんのこと、ときには有料セミナーなど時間はかかり苦労するけど、自分の人生の貴重な経験が増えることは楽しいです!

 

ただ、イライラ、ストレスにならないために、わたしのような規模でネイルサロンを開業するとどうなるか?

 

個人事業主で、従業員が5人未満の場合の雇用関係の届出

従業員とは、正社員・契約社員・パート・アルバイトなど雇用形態は関係なく直接、雇った人の全てです。※例えば、派遣社員は違います。 

■ 雇用関係の届出

(1)労働基準監督署へ届出

  1. 「労働保険保険関係成立届」
  2. 「労働保険概算保険料申告書(納付書)」

(2)ハローワークへ届出

  1. 「雇用保険適用議場所設置届」

※営業する管轄の労働基準監督署とハローワークは合同庁舎になっていることがほとんどです。

 

 

■ 不要な手続き

  • 美容院やまつげエクステ−ションとは違い、「保健所」への届出
  • 個人事業主かつ従業員5人未満のため「社会保険事務所」への届出

ネイルサロンの開業当時は、個人事業主で社会保険適用事業所ではありませんでした。(←結果、社会保険適用事業所にならず終わったけど)

 ”社会保険の制度とは?  

厚生年金保険と健康保険は、法律により加入が義務付けられています。事業主は従業員と保険料を折半して負担し、その納付の加入手続きなどの義務を負います。

社会保険適用事業所とは?  常時5人以上の従業員を使用している会社、工場、焦点、事務所などが社会保険適用事業所となります。なお、法人事業所は法律により人数に関係なく強制加入になります。

引用先:日本年金機構

 

 

「労働条件通知書」と「雇用契約書」は、何が違うの?

結論:「雇用契約書」があれば、「労働条件通知書」は不要です。

但し、「労働条件通知書」にある記載が網羅されていることが必要です!!

 

では、「労働条件通知書」とは何か?

 

ハローワークに行ってみよう! 東京労働局の冊子【労働基準法のあらまし】に、「労働条件通知書」の【ひな形】があります。

 

これは、事業者側から従業員に対する通知するものであり、従業員の確認が得れているかは、一方的な書類となりかねません。

 

そのため「労働条件通知書」の提示内容を記載された「雇用契約書」に双方のサイン(押印)を交わすものが必要になるのです。

 

▼労働契約法 ハローワークに行った時の記事がコチラ

ネイリストを雇用する届出|複雑⁉︎個人事業主がハローワークで行う手続きとは?

 

ネイルサロン開業時に私は「社会保険社労士」に雇用手続きの代行お願いしていました。

 

社会保険労務士が言うには、「雇用契約書」があれば「労働条件通知書」は不要だそうです。

😯 但し、「雇用契約書に条件を提示しているから」と事業者側の都合よい条件であってはなりません。

労働基準法をきちんと理解をする必要があります。 雇用契約書に条件提示されていても、労働基準法に抵触すれば、その条件提示は”無効”になります。

 

 

複雑な『労働基準法』ですが、労働条件の必須は10項目だった!

 

ネイリスト、つまり”従業員”として迎えるためには、労働条件を通知しなければなりません。

 

労働基準法に則した内容がまさに、「労働条件通知書」です。

 

また、労働基準法に定められた条項、「1日の労働時間を決めること、残業代、国が定める最低賃金など」法律に遵守しているかどうかを確認した労働条件で「雇用契約書」を締結しています。

 

労働条件の必須10項目

  1. 契約期間
  2. 就業場所
  3. 従事すべき内容
  4. 始業/終業の時刻(他、休み時間など)
  5. 休日
  6. 休暇
  7. 賃金(給与)
  8. 退職に関すること(就業規則によるルールを決めておくこと)
  9. 雇用保険、社会保険の適用について
  10. その他、ネイルサロンが必要とする条項 (秘密保持として情報の取り扱いなど)

 

【パート雇用契約書】のひな形はコチラ↓

雇用契約する必須項目は変わりませんが、ネイルサロンの営業内容により労働基準法の適用条項が変更になります。

 

「自分のネイルサロン、これはどうしたらいいの?」と思ったら、電話で問い合わせするか、直接、ハローワークの事業主向けの相談窓口へ行ってみましょう!

 

 

ネイリスト未経験者の雇用契約書は、どうしたか?

ネイリスト未経験者の場合、「ネイリスト研修生」として採用していました。

 

ネイルスクールに通っていた卵たちが、すぐにお客様へ施術できません。

 

ネイルデザインはおろか、接客術など、まだまだ勉強することが多くあります。

 

ネイルサロン経営では、お客様へネイルの施術ができるようになるまで、研修生として、以下の条件を提示していました。

  • 通勤交通費を負担しない
  • ネイルデザインや接客業の授業料を支払う(そのかわり、ネイルモデル費用はネイリスト研修生の報酬にした)

しかし、研究生の採用条件を半年後に見直して、「ネイルデザインや接客業の授業料を支払う」という条件は廃止しました。

 

廃止した理由は、ネイルモデル費用もレジ金へ入金するため売上金の収支の問題、ネイリストが技術があがると、他へ転職(技術者となれば時給単価が上がる)してしまうという問題もからです。

 

なんと、1年間で7人のネイルリストが辞めました。

 

強烈だったのは、3日間で辞めたネイリストもいたのです。

 

この背景には、10年前から客単価が下がり、ネイルサロン業界自体の薄利であることです(赤字経営で苦しむネイルサロンは少なくない)。

 

どこで経費を削減するか?人件費もその対象です。

 

一般企業の事務職員と比較してもネイリストの基本給与が安く、社会保障も加入していないと問題も多々あると思います。

 

さらにネイリストの給与は安く、保障を最低限に止める…

 

かっこよく聞こえるかもしれませんが、昇給させなければと思いました。

 

実際には、黒字になる見通しもなく、従業員の給与を上げるどころじゃなかったですが…

 

あなたは、勘違いしていませんか?

「ネイリスト研修生」であっても、雇用しています。

だから、「雇用保険被保険者資格取得届」の資格取得は必要です。

ただし、1週間に20時間以上の所定労働時間の予定であればですけど。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

ネイリストの『雇用契約書』は労働基準法を理解し遵守すること、そして慣れたら複雑ではありません。

 

もっと複雑なのは、ネイルサロン業界のネイリストの採用問題に直面しました。

 

ネイルサロンの経営の準備を始めたとき情報収集しましたが、「1年未満でネイリストは退職する」という話を受けて驚きました。

わたしが勤めていた会社には、そんな話なかったですし、1年未満で退職することが、転職のリスクになるからです。

 

ネイルサロン業界は違いました。経験者なら転職に優位であり、1年未満の退職で、ネイルサロンを転々としても関係ないことを知ったのです。

 

びなっちのネイルサロンの廃業理由は『赤字』です。

 

しかし、集客の問題ではなく、ネイリストが7人の退職したことによる経費圧迫が最も大きな廃業理由だと考えています。

 

最後まで、ご覧いただきありがとうございました。

 

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です