600万の赤字サロン廃業から一般社団法人を設立した永遠の仕事人間です

経営③ネイルサロンの経費「確定申告」に使ってた科目を大公開

WRITER
 
確定申告
この記事を書いている人 - WRITER -
美容ブロガー・一社オルゴナイトワークス協会代表理事 元ネイルサロンオーナー。大赤字600万円になり廃業。次に選んだ仕事が「アフィリエイト」社会との断絶、ちょっぴり失語症に。直接、人と関わる仕事がしたい!そこから講師業を選び、「オルゴナイト」に出会う。

 

青色申告するからには勘定科目くらい知っておかなくっちゃ!えっへん!!

こんにちは、ビナッチ(@beauty_nachi)です。

ビナッチ

 

とは言うものの・・・

青色申告決算書の「科目」から実際使った経費をどこへ分類したらいいか、わかりません

 

[say img=”https://beauty-nachi.info/wp-content/uploads/2017/10/madm-benachi-nomal-moji-150×150.png” name=”新米オーナー”]

例えば、他のネイルサロンに行ったお金は、何の科目になりますか?

[/voicel] [say img=”https://beauty-nachi.com/wp-content/uploads/2017/12/benachi-moji-150×150.png” name= from=”right”]

ネイルのデザインなど学ぶなどの目的があったら「研修費」を追加したらいいのです。[/voicel] [say img=”https://beauty-nachi.info/wp-content/uploads/2017/10/madm-benachi-nomal-moji-150×150.png” name=”新米オーナー”]

えーと、税務署に置いてある申告決算書(?)に「研修費」とかないですけど・・・

[/voicel] [say img=”https://beauty-nachi.com/wp-content/uploads/2017/12/benachi-moji-150×150.png” name= from=”right”]

あなたが経営するネイルサロンで経費の管理をするときに、業務上頻繁に使うお金があるなら、わかりやすく科目を作ってしまって構わないのです![/voicel]

 

顧問契約した税理士さんから、「科目の考え方」について教えていただいたのは、これです。

 

[alert title=”注意”]科目の「雑費」は、なるべく使わず、使ったお金をわかりやすく管理することが必要です。[/alert]

 

では、実際に日々使った経費を振り分けていたか、大公開です!!

 

この記事に興味ありますか?

「【エッセイ】ネイルサロンオーナー成功する人、失敗する人とは?」

 

✔︎ ネイルサロン経費¥使っていた科目

確定申告

経費|計上していた勘定科目

勘定科目 内容
地代家賃 家賃
荷造運賃 商品・郵便物の梱包・配送費用
水道光熱費 ・ 水道料金

・電気料金

通信費 ・インターネット料金

・電話料金

・切手代

・はがき代

・Hulu代(テレビ映像をながしていました)

・Photoshopなど写真加工のソフト

・ホームページのドメイン/ サーバーレンタル代金

旅費交通費 ・電車賃

・バス代

・タクシー代

・駐車場代

・ガソリン代(車両費に計上も可)

広告宣伝費 ・ホットペッパービューティー利用料

・ チラシ印刷代

・ プレゼント用オイル

・ ポスティング印刷

・ インターネット広告に使った有料写真

会議費 ※一人当たり5,000円未満

・食事代

・ お弁当代

接待交際費 オーナー同士の飲食代、ゴルフ代
 消耗品費 10万円未満、もしくは法定耐用年数が1年未満のものを購入する際の費用※ネイル関連以外 トイレットパーバー、洗剤など
ネイル消耗品費  1つが、10万円未満のネイル商材

※ ネイル商材を月でいくら使っているか把握したかったために作った科目です。

 減価償却費 ・ パソコン

・ 一眼レフカメラ

・ 自動車など

※高額な固定資産を一定期間にわたって計上する費用

 福利厚生費  従業員インフルエンザ接種
 採用費 ・ 美プロやリジョブなどの求人広告

・ お祝い金

 給料賃金  ネイリストの賃金
研修費 他店などネイルデザインを習いに行った時の費用
 外注工賃 ホームページ制作費用
 租税公課 自動車税など
損害保険料  自動車保険、ネイルサロンの火災保険など
雑費 銀行振込手数料など

 

 Q&A

確定申告

voicer icon=”https://beauty-nachi.info/wp-content/uploads/2017/10/benachi-moji-150×150.png” name=”ビナッチ”]

この前、子供を連れてお客様がきました、そのときに遊ぶオモチャを買って、最後にプレゼントしました。

これは、何の科目になりますか?[/voicel] [say img=”https://beauty-nachi.info/wp-content/uploads/2016/07/reon-moji-150×150.png” name=税理士さん”]

最初に「遊ぶオモチャ」を購入したなら「消耗品費」でいいですね。

最初から目的がプレゼントだとしたら「販売促進費」となります。

[/voicel]

 

もし、ご自身でわからないときは、会計ソフトが会計ソフトへお問い合わせしてみましょう!

 

会計ソフトは、何を使ってますか?

税理士さんと契約していたときは「弥生会計」でした。

 

解約後は、フリーソフト【会計ソフトfreee(フリー)】へ変更。理由は、基本、Windows対応のためだったからです。



個人事業主で、従業員が少ないようでしたら、会計ソフトを使ってやってみましょう!!

 

まとめ

いかがでしたか?

 

ネイルサロンで使っていた科目をご紹介しました。

 

大変なのが、領収書の束を、紙に糊付けする作業。

それを仕訳(振り分けて入力)も大変です。

 

年始に死んでますので、今年こそ、早めに始めようと思います!!

※確定申告は、2月15日から。

 

毎日、何かをつぶやいています。フォローしていただけると嬉しいです^^

 

この記事を書いている人 - WRITER -
美容ブロガー・一社オルゴナイトワークス協会代表理事 元ネイルサロンオーナー。大赤字600万円になり廃業。次に選んだ仕事が「アフィリエイト」社会との断絶、ちょっぴり失語症に。直接、人と関わる仕事がしたい!そこから講師業を選び、「オルゴナイト」に出会う。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© BENACHI びなっち , 2018 All Rights Reserved.