600万の赤字サロン廃業から一般社団法人を設立した永遠の仕事人間です

娘が覚醒!?樹脂粘土のワークショップ体験!バラの作り方を凄腕講師が教えたら・・

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
美容ブロガー・一社オルゴナイトワークス協会代表理事 元ネイルサロンオーナー。大赤字600万円になり廃業。次に選んだ仕事が「アフィリエイト」社会との断絶、ちょっぴり失語症に。直接、人と関わる仕事がしたい希望から講師業を選び、「オルゴナイト」に出会う。

「ハンドメイドの凄腕先生がいるよ!」

ブログ仲間にいるらしい・・・

 

こんにちは、ビナッチ(@orgon_benachi)です。

マジックにかかるらしい・・・と噂ですけど・・・

ビナッチ

夏休みのワークショップ体験があったので、早速、娘と潜入してみました。

 

「ミニバラでブローチを作ろう(中級)」という樹脂粘土を使うワークショップ

 

さて、さて、マジックにかかるとは?

単なる手品師なのか?

ワークショップでしょ?

 

すでに、凄腕先生は、小学生対象のところ5歳の娘と参加できるお許しをいただき、参加しましたが。

なんと、2時間で驚きの結果が・・・!?

 

私もワークショップを始めました!

「風水オルゴナイト」ビギナーコース

 

初心者が作るポイント

ポイント① 樹脂粘土は乾きやすい

大中小、大きさの違うバラを作っていきます!

 

作る分だけ取分けて、残りはクラフトペーパー(クッキングシートでも🆗)に包んでおく

 

樹脂粘土は白を使い、絵の具で着色します。

 

ポイント② 力加減が絶妙

中心に向かって丸めるときにより密着できるかが、ポイント。花びらを重ねたときに出来栄えが違います。

 

小沢先生作:外側の花びらの見本

 

外側から巻きながら、立てるように重ねていきます

この力加減など人それぞれなので、直接、先生から教えてもらうと上達するポイントですね。

 

【完成】いくつか作ったら、樹脂粘土で土台を作り、そこへボンドで接着させます

 

ポイント③ 小沢未央子先生の存在

[say img=”https://beauty-nachi.com/wp-content/uploads/2018/03/mioko2-150×150.png” name=”おかん先生”]

本当に、上手ね〜エリザベスちゃん♪

絵の具たっぷり使って、こねこねこねこね・・・

[/voicel]

 

その言葉に乗せられた娘は、こねこねこねこね・・・どんどん気分良く作っていくのです。それも2時間・・・ずっと

 

細かい作業も集中力がずっと続きます。

完成させることができました!

 

 

2時間で身についたこと

あっという間の2時間でした。

 

粘土樹脂を初めて触って

 

・乾燥しやすく、手際よく作業を行うこと

・色付けが水性用絵の具で、綺麗にできること

・少しの粘土も無駄にしないコツ

 

対面式だからこそ、ポイントやコツが掴め、基礎的なことが学べました。

 

 

[say img=”https://beauty-nachi.com/wp-content/uploads/2018/03/mioko2-150×150.png” name=”おかん先生”]

個人個人で器用さが違うし、ハンドメイドを全くしたことのない超初心者

違う素材でハンドメイドをしていて今回初めて樹脂粘土を扱う初心者

それで、全然、覚え方が違うの。

だから、ワークショップで個人個人へレッスンすることが、上達への近道だと思うのよ

[/voicel]

 

最大のオススメポイント

娘が大満足!

私も、ゆっくり作業ができたのも、あります。

 

実は、バラが好きな私には、ある目的がありました。

 

望みの場所をパワースポットにできる不思議な装置「オルゴナイト」に入れる

 

小沢先生のサイト

ミニバラのブローチ

夏休みワークショップのお知らせ(現在は、募集を終了しています)

『こんな可愛い作品が作ってみたい♪』

 

 

では、では。

最後まで、ご覧いただきありがとうございました。

 

 

[say img=”https://beauty-nachi.info/wp-content/uploads/2016/05/benachi-laugh-moji-150×150.png” name=””]

作品をアップしてます〜フォローしていただけると嬉しいです^^ [/voicel]

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
美容ブロガー・一社オルゴナイトワークス協会代表理事 元ネイルサロンオーナー。大赤字600万円になり廃業。次に選んだ仕事が「アフィリエイト」社会との断絶、ちょっぴり失語症に。直接、人と関わる仕事がしたい希望から講師業を選び、「オルゴナイト」に出会う。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© BENACHI びなっち , 2018 All Rights Reserved.