2017/09/02

動画でできるの!?樹脂粘土でバラの作り方を調べてるあなた!このワークショップ体験を読みなさい!! 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

 

あなたは、「バラ」の花言葉、知ってますか?

 

ディズニーの「美女と野獣」に出てくる「バラ」です。

バラ

 

ベル、黄色いドレスが美しすぎる・・

あ、バラの花言葉でしたね。

 

 

「愛」と「美」なんです。

 

ほんと、素敵な花言葉ですよね。

 

樹脂粘土のバラの作り方をYouTubeで、見ましたか?

バラの花びらの作り方、実践できそうですか?

 

動画ではわからない、樹脂粘土で注意したいことがあるのです。

 

『樹脂粘土、どのくらい触ったことがあるのかしら?』

 

『初めてです・・』

 

『まぁ!バラに失礼よ!!

 高貴なバラの花びらが、YouTubeの動画を見たら、作れると思っているのぉ!(プンプン)』

 

『樹脂粘土は、乾きやすくて手際よく花びらを作り、重ねていく必要があるの。』

 

『知りませんでした・・・子供と米粘土で遊んでましたけど・・・(そこまで急いだ記憶がない)

 どのくらいで乾いてしまうのですか?』

 

 

『もぉー、すぐよ!すぐ!! ほんの10分くらいで乾き始めるのよ!!

(私の大好きなバラに失礼よ、失礼極まりないってこのことね!)』

 

『はい、すみません・・・(怖い)』

 

『でも、素晴らしいわ。樹脂粘土でバラを作りたい気持ち!』

 

『あ、ありがとうございます(急に、優しい?)』

 

『まずは、樹脂粘土に慣れたらいいわ。

 その時に、使うのがシリコンモールドの「バラ」ね』

 

 

『確かに、これだけでは、バラに対して不誠実よね。』

 

『(何が、不誠実か、さっぱりわかりませんけど)・・・』

 

『だから、私は、「ミニバラブローチ」のワークショップに参加させていただいたのよ!

 わかる? この私の気持ち!』

 

『はぁ・・・』

 

『エリザベスと一緒に、参加させていただいたわ』

 

『エリザベスって?』

 

『娘よ。そして我が娘が、親を超える作品が作れたのも、先生のおかげなの。

 花びらって、案外、難しかったわ・・・』

 

『親を越えた作品? 花びらの難しさ?  それは・・・どんな・・・』

 

そうなのです!

とんでもない先生との出会いがありました!!

 

 

夏休みワークショップで、何を学んだ?

初めての挑戦!樹脂粘土

 

少しずつ樹脂粘土をとりわけて、色付けしたりします。

 

中心を綺麗に丸めるかが、ポイント。花びらを重ねるとわかります。

 

 

こんな感じで、外側に立てるように重ねていきます。

いくつか作ったら、樹脂粘土で土台を作り、そこへボンドで接着させます。

 

私が集中できたのは、小沢未央子先生おかげ

『本当に、上手ね〜エリザベスちゃん♪

 絵の具たっぷり使って、こねこねこねこね・・・』

 

絶妙なフォロー、それが、エリザベス(娘)のやる気に繋がりました。

 

細かい作業なので、集中力が必要です。

先生の褒め方が上手なので、娘(エリザベス)は、どんどん作っていました。

 

この作品はどっちの?

バラの花びらは特徴的。

どんな風につけていくか、その花びらの薄さの違いで、バラに見えなくなるのです。

(左側が、娘です・・・もう、ママは泣きたい)

 

 

 

樹脂粘土で作るミニバラワークショップに参加してわかったこと

あっという間の2時間でした。

 

粘土樹脂を初めて触って

・乾燥しやすく、手際よく作業を行うこと

・色付けが水性用絵の具で、綺麗にできること

・少しの粘土も無駄にしないコツ

対面式だからこそ、ポイントやコツが掴め、基礎的なことが学べました。

 

動画の作り方をみても、樹脂粘土に触ったことがないのなら

・材料・道具の全てがわからない(材料の無駄)

・自分ができていること、できていないことがわからない(時間の無駄)

 

『個人個人で器用さが違うし、ハンドメイドを全くしたことのない超初心者

 違う素材でハンドメイドをしていて今回初めて樹脂粘土を扱う初心者

 それで、全然、覚え方が違うのよ。

 だから、ワークショップで個人個人へレッスンすることが、上達への近道だと思うのよ』

 

経験があるなしって、大切。

樹脂粘土の作り方を動画で学ぶときは、「アレンジ力を身に着ける」ときに適していると思います。

 

 

小沢未央子先生のワークショップは、親子で参加すると楽しい

そして何よりも娘が大満足なのです。

 

親にとって、こんなに充実感を味わえることはないですよね。

 

 

私の自信へ

 

ミニバラのブローチ

夏休みワークショップのお知らせ(現在は、募集を終了しています)

『こんな可愛い作品が作ってみたい♪』

 

ハンドメイドとして活動をはじめ、約半年。

ハンドメイドサイトミンネで多少、売れちゃったのです。

 

『私の生まれ持った才能に惚れ惚れするわぁー』

 

それが、小沢未央子さんと出会って、

私自身が作るレジンクラフトに「個性」がない

 

そう・・

 

パッとしない。

 

『よしこさん(仮名)の作品なのか、びなっちさんの作品なのか、名前がないとわからないですよね。』

 

がーん

 

という理由で参加、東京からアクアライン経由で千葉までドライブ

(BGMはチューブかな?あ、持ってないし・・・)

 

ブローチの完成より、ミニバラをレジンクラフトに使う想像がどんどん広がっているのです。

 

『これからは、私のような高級品が似合う、美なっちの作品にするよ!

 わかったかしら?』

 

た、楽しみw

 

 

ミニバラだけではなく、みおこさんのワークショプがきになる方は、こちらのサイトまで

ハンドメイドに興味があったら、自分の世界が広がるかもしれません。

こぐまやのせかい

 

 

この記事を書いている人

 びなっち☆ 

 レジンクラフトデザイナー(裏の顔 趣味多彩な稼ぐスーパー主婦)

 とにかく、楽しいことやキラッキラが好き、びなっちにおまかせ! 

 ネイルサロン経営失敗をバネに色々と挑戦中!

 あなたのワクワクさせるイベント企画や私の起業のことすべて教えます(^0^ゞ

 座右の銘 ”充実感が生きてる証♪” 

 詳しいびなっちを知りたい!「プロフィール」をご覧くださいませ♪

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© BENACHI びなっち , 2017 All Rights Reserved.