600万の赤字サロン廃業から一般社団法人を設立した永遠の仕事人間です

ネイルサロンで「ネイルスクール」にもチャレンジ!その結果は?

WRITER
 
ネイルスクール
この記事を書いている人 - WRITER -
美容ブロガー・一社オルゴナイトワークス協会代表理事 元ネイルサロンオーナー。大赤字600万円になり廃業。次に選んだ仕事が「アフィリエイト」社会との断絶、ちょっぴり失語症に。直接、人と関わる仕事がしたい希望から講師業を選び、「オルゴナイト」に出会う。

 

ネイリストになりたい!という人がいるのだから、ネイルスクールやっちゃおうよ!!

こんにちは、ビナッチ(@beauty_nachi)です。

ビナッチ

 

ネイル施術以外に、「何かできることは?他の売上になることは?」

色々とチャレンジしてましたw

 

 

 

 

結論からすると、どれもこれも「ネイリストにお願いする仕事」は、ネイリストの採用もできてないのに無理だったということ。

 

ただ、せっかく考えたネイルスクールの企画内容、ここに公開しておきます。

何かのヒントになればいいな・・・

 

 

ネイルサロンから展開|ネイルスクール事業

ネイルスクールで教えてくれること

 

 

爪の衛生学

ネイルの知識であるケアの仕方

ネイルの塗り方

ネイル用語

ネイルに必要な最低限の道具

日本ネイリスト協会の検定資格『JNECネイリスト技能検定試験』の対策

など(ざっくりですが)

 

 

ネイリストになるため、半年〜1年間ネイルスクールに通い、日本ネイリスト協会の検定資格『JNECネイリスト技能検定試験』を取得する人も多くいます。

 

でも、検定資格が取得できると、ネイリストとしてデビューできるわけではありません。

 

わたしが考えた併設しようとしたネイルスクールとは?

真っ白な何も知らない未経験者のプログラムです。

 

約2ヶ月間のプログラムで、ネイリスト研修生まで育てる計画でした。

■ プログラムの内容

さらに、特典として「JNECネイリスト技能検定試験」3級のフォローをを持っているかといって、ネイルサロンに勤めたことがなければ、未経験者なのです。

 

 

講師は、「JNECネイリスト技能検定試験」1級取得者のチーフでした。

スクール費用は、チーフの講師時間を原価分にする予定でした。

 

 

ネイリスト必要最低限の道具とは?

他のネイルスクール話では、学費30万〜に加えて、ネイル商材を一式購入することも少なくありません。

 

そこでも、10万単位でお金が必要になります。

 

わたしのネイルスクールで必要最低限のネイル道具準備リスト(チーフが作成)

あくまでもネイルサロンで、ジェルネイルをする上で、必要最低限のネイル道具です。

これは、スクール生を受け入れるために、説明したものをご紹介します。

・ネイルニッパー

・キューティクルニッパー

・プッシャー

・はさみ

・ネイルブラシ

・ダストブラシ

 

画像引用先:プロ用ネイル用品卸問屋【TAT】

・オレンジウッドスティック

・ハンドくん(練習用)

★筆

・ベーストップ用

・カラー用

 

①ラウンド

 

②スクエア

 

・ラメ用

 

・フレンチ筆

・ライン用(細いラインを引けるもの)

※筆にはキャップが必ず必要です。

・ファイル

・ダイヤモンドファイル

・エナメルボード

 

それぞれの道具は種類が豊富で、どれを買っていいか迷ってしまいますが、安くても使い勝手の良いものがあるという購入のあれこれを教える準備もしていました。

 

 

こんなネイルサロンがあるのご存知ですか?

「学んでから」より「学びながら」ネイリストデビュー!というネイルサロンがあります。

これは、私のネイルサロンで採用したネイリストから教えてもらったことです。

 

あなたも、ネイルサロンがスクールを併設しているというのは知っているかもしれません。

 

わたしも、勉強のため、カルジェルのスクールに通った一人です。

 

ネイルスクール併設ではなく、学びながら」(働きながら)ネイリストデビューするというネイルサロンあるのです。

 

『ネイルミックスのホームページ採用』から

ネイルミックスはあなたの「ネイリストになりたい!」という気持ちを大切にします。

NailMixではスクールに入学されていない方、サロン未経験者の方、サロン経験者の方、問わず大歓迎♪

 ➡ http://www.nailmix.jp/recruit/index.html

 

このネイルミックスに採用され、一から学びネイリストになったそうです。

 

ただ、9ヶ月後にはネイルミックスから転職活動していました。

 

「ネイルデザインを学びたいし、検定資格と取りたいから」という転職理由でした。

 

ネイルミックスの職業先の雰囲気などは、わかりませんが、ネイリストになりたい夢へは近道ですね。

もしかすると、この「学びながら」の採用条件に年齢上限があるかもしれません。

 

職業訓練校として「ネイルサロン」がある

これも、採用したネイリストがハローワークの職業訓練からネイリストを目指して入社しました。

職業訓練だけあって、補助金があるので、かなり安い費用で約半年間のネイリストになるためのプログラムになっていました。

 

ただ、これは、ある一定期間、雇用保険に加入しなければなりません。

 

 

最後に

いかがでしたか?

 

最後は、どんより暗くなる話でしたが、運転資金がそこそこ残っている時に、気づいていればと悔やみます。

 

これを成功させていたら、ノウハウをコンサルできたかも!? 笑

どうですか? チャレンジしてみませんか?

 

最後まで、ご覧いただき、ありがとうございました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
美容ブロガー・一社オルゴナイトワークス協会代表理事 元ネイルサロンオーナー。大赤字600万円になり廃業。次に選んだ仕事が「アフィリエイト」社会との断絶、ちょっぴり失語症に。直接、人と関わる仕事がしたい希望から講師業を選び、「オルゴナイト」に出会う。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© BENACHI びなっち , 2016 All Rights Reserved.