お問い合わせはコチラに

600万の赤字サロン廃業から一般社団法人を設立した永遠の仕事人間です

初心者オーナー必見|ネイルサロンは儲からない!?ネイリストの夢を諦める4つの理由

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
開運案内人/開運グラフィックデザイナー/オルゴナイトエデュケーター/風水オルゴナイトセラピスト 脱サラしてネイルサロンオーナーに転身したとき、職業柄必要で始めた【趣味みたいなもの】が、仕事になっている。そんな個人事業主になってからの起業ログ(記録)です。

こんにちは、人の日常をキラキラさせる開運案内人びなっち(@orgon_benachi)です。

ビナッチ

さて、ネイリストを採用してのぉー、ネイルサロン経営を検討中ですか?

どこのオーナーさんも頭を抱える問題

それは、「ネイリストの求人」です。

キッラキラのおしゃれな職業なんで、ネイリストになりたい女性が多いって思ったんですよね。

ネイリストの夢を諦めしまう4つの理由

  • ネイリストになるまでスクール代が高額
  • 日本ネイリスト検定試験にもお金がかかる
  • 技術を習得したが、今ややってない(現代の保育士みたいなもの安月給の割に重労働)
  • 40代になると老眼が始まるかもという現実(記事はコチラ

”喉から手が出る”ほどネイリストを欲しがっている

どこのネイルサロンでも「ネイリスト求人」がマターになっています。

特に、稼ぎどきの繁忙期には人手が足りなくなります(閑散期は悲惨という記事はコチラ

保育士問題と一緒です。

保育士は、社会支援があり給与改善策など、テコ入れがあります。

あなたのネイルサロン|ネイリストの給与設定は?

例えば、あなたは、他のネイルサロンより給与水準を高くしていますか?

最初から「正社員」として雇用する考えがあれば、求人はしやすくなります。

『アルバイトやパートで、ネイリストが集まるだろう』という考え方

それであれば、事業計画の採用費用・教育費用・ネイリストの給与など、再考することをオススメします。

ネイリストの社会保障

個人事業で、従業員が5人以上であれば、社会保障が必要です。

▼ ネイリスト雇用に関する参考記事

➡ ネイルリストの雇用形態「パート雇用契約書」の作成方法と見本公開、必須10項目とは?

わたしも考えてました。

『ネイリストの給与をアップすることはできないのか?』

でも、なぜ、『ネイリストの給与は安い?』と言われるのでしょうか?

技術職・重労働なのに、ネイリストの給与は安いのはなぜ?

ネイルサロン経営を始めたときに、真面目に思った感想。

ネイリスト未経験者の給与は、「マックの時給の方が高くない?」

地域にもよりますが、都道府県で最低賃金が違います。

▼ 地域別最低賃金(都道府県ごとに違う)を適用について書いた記事はコチラ

ネイリストの勤務時間は?「労働基準法」休憩・残業のことをわかりやすく解説

ネイリスト未経験者の給与が、マクドナルドより安くなってしまうのでしょうか?

ネイルサロン経営者は、『売上に直結しない経費』を抱えます。

  • お客様の施術につけない = 売上を上げることができない
  • ネイリストデビューまで、研修費用がかかる
  • 売上がないのに、給与を支払う(人件費の圧迫)
  • デビュー当初は、リフトなどクレーム対応費用が必要

ネイリスト経験者を採用したいと誰しもが思うのは、

この『売上に直結しない経費』が半端ないことなんです。

具体的な例としては、これです。

デビュー当初のリフト対応は、三重苦

⑴無料

⑵時間枠確保

⑶新人以外のネイリスト

シフトでは、3人のネイリストがいるはずなのに、1日の売上が、3人分の給与も出ない。

3日間、3ヶ月間・・・と続けば、資金繰りに困るのは目に見えてますよね。

デビューできたネイリストを、なんとか定着させていとやったことがあります。

ネイリストの定着させるためにやったこと

なかなか、トントンにもならなかった経営の中で、

『ネイルサロンもネイリストも得する還元方法がないか?』

考えて実践したのは、これです。

⑴ 大入り袋

1日の売上金額が70,000円以上になった場合に、大入り袋(1000円)を現金でお渡しします。

※一人が4人以上の接客が目安になります。

😥 これは、実現しませんでした…

土曜日狙いでしたが、単価5500円くらいだと、ネイリスト3人のシフトでも難しかったです。

⑵ 指名料バック

お客様から指名料500円をいただいていました。それを3ヶ月に1回集計して翌月の給与に反映するのです。

😉 これは、実現しました!

チーフは月10人以上の指名があったので、5000円/月以上のインセンティブ(報酬)になってました。

⑶ 皆勤賞

シフト表の通りに、無遅刻・無欠勤であった場合に、2000円/月に手当てを支給してました。

😉 これは、雇用契約書にも記載していたので、条件がクリア出来れば、支給していました。

ちなみに、遅刻なので、1回も支給しなかったネイリストは、6ヶ月で退職してたかな…

他にも「ホットペッパービューティーの口コミ投稿あったら」

ネイルサロンの利益還元からインセンティブ(報酬)の支給を考えていました。

ですが、ネイルサロン開業から半年後は、ネイリストの採用ばかりで、それどころではなかったのです。

そこで、思いついたのが、これです。

一から教えるネイルスクールを併設

ネイル未経験者、それもネイル用語も知らないど素人を対象にしようと考えてました。

ネイリストの応募の中には、

『現在、セブンイレブンでバイト中なんです』

『派遣で、働いていて手に職をつけたいのです!』

ネイルスクールに通えない、でもネイリストになりたいという女性が少なくありませんでした。

実際、この採用は、20代の女性限定で行い、一人ゲットできたのです!

閉店3ヶ月前のこと。

準備を着々進めていたのにも関わらず、その直前で経営継続の判断をしなければならないことになったのです。

まとめ

いかがでしたか?

店舗経営の人の採用は、どの業種でも難しくなっているのかもしれません。

特に、ネイルサロンの場合には、『ネイリストが欲しい!』と頭を悩ますと思います。

最後まで、ご覧いただき、ありがとうございました。

作品をアップしてます〜フォローしていただけると嬉しいです^^

この記事を書いている人 - WRITER -
開運案内人/開運グラフィックデザイナー/オルゴナイトエデュケーター/風水オルゴナイトセラピスト 脱サラしてネイルサロンオーナーに転身したとき、職業柄必要で始めた【趣味みたいなもの】が、仕事になっている。そんな個人事業主になってからの起業ログ(記録)です。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 開運案内人のびなっち , 2017 All Rights Reserved.