2017/07/22

勝ち組vs負け組|ホットペッパービューティーを解約する?それとも、しない?

 

 

『ホットペッパーなんて、やめちまえぇーーー!』

 

あなたの叫び声、聞こえました。

 

どーも、びなっち(@beauty_nachi)です。

 

広告宣伝費、苦しいですよね?

 

 

『わたし、現金で払ってたんです。しかもコンビニ。』

 

はい、当時、23万円ほど。払うとき、手がプルプルしてました(笑)

 

なぜ、コンビニ? 

振込手数料を払いたくなかったから

 

ホットペッパービューティーの凄さ!集客効果が絶大なのは、わかってます。

 

『キャンセルや無断キャンセルも多いけど・・・』

 

無断キャンセルの記事、書いちゃいました。それはコチラ

 

閑散期の売上は、前日のキャンセルで空席が埋まらず、誰が悪いわけでもないけど、やるせなかったです。

 

(わたしの経営センスが悪い?)

 

『責めるのね・・・わたしのこと』

 

支払うたびに、「やめたい!」って思っていながら、やめれなかった理由についてお伝えします。

 

 

ホットペッパー途中解約の注意点

『まじ、苦しい・・・途中のプラン変更はできるの?』

 

経営状態からすると23万円は、とてつもなく苦しく、

プラン変更ができないか、契約書を再確認したのです。

 

 

ホットペッパービューティーのプラン変更

この通り、契約期間中は、安いプランに基本、変更できません。

高いプランならオッケ!(するかぁ!)

 

 

ホットペッパービューティーの途中解約

途中キャンセル(途中解約)は、できません。

 

ホットペッパービューティーの予約サイト機能を中止したとしても、契約期間までの掲載費用は払わなければなりません

 

 

契約解除して”(この場合でも無料プランとして掲載する場合があります。)”それ、なぁに?

 

契約解除の理由は、様々だと思います。

 

特に、ネイルサロンが閉店しているのに予約システムが有効になっていては不都合ですよね。

予約システムを無効にする際の手続きは、下記の通りです。

 

当月1日までに弊社所定の書面にてご通知ください。

この場合、当月末日を持って解約とし、当月の末日までに掲載は終了致します(この場合でも無料プランとして掲載する場合があります)】

 

結論

『契約した1年間は、23万円、何があっても払わないといけないのね』

 

申し込み時に、パワーポイントの資料にもありました。

 

この二つの文章が。

「途中キャンセルおよびプランダウンの変更はお受け出来ませんのでご了承ください。」

「申込後の途中キャンセルは不可」

 

 

 

『更新の時には、気をつけようね』

 

 

勝ち組vs負け組|ホットペッパービューティーの活用法

勝ち組になるための5つのポイント

・割引率に惑わされるな!『半年パック』で様子見しよう。

 

・1ランク下のプランも検討しよう。※ランクアップはできるが、ランクダウンはできません。

 

・閑散期だけ、ランクアップの交渉をしよう。

 

・営業担当者に惑わされるな。「掲載順位でPV数が全然違います!」確かに一理あるけれど、ネイルサロンの実績データから判断すべし。

 

・ネイルサロン開業は、3月頃がベスト。※繁忙期に向けてお客様が増え、ホットペッパービューティーの利用ユーザーの予約率が上がる。

 

同じ失敗を繰り返して欲しくない…でも、やったことないと不安ですよね。

 

SプランからSSプランへの変更することで、集客が見込めます!』

 

ほんとか?

 

営業マンからそう言われました。

 

『でも、さらに、10万円アップだなんて・・・(鬼!)』

 

 

『負け組? そう、わたしのことだよw』

 

 

 

看板がないマンションの一室なのに・・・

 

『集客力は、今でも驚いてるよ。(もう過去のことだけどぉー)』

 

ネイルサロン開業2014年8月オープン当時

・ネイルサロン ラヴニール?

・マンションの規約で表に看板が出せない

・オーナーは業界出身者じゃない

 

負の三拍子が、ホットペッパービューティーを広告媒体に選んだことで、初月の売上はこれです。

 

新規お客様 131人

売   上 87万円

一人単価6,444円です。(閑散期には一人単価5,600円くらいまで下がりました) 

 

一人当たりのお客様の接客時間を30分多く、余裕を持たせていたにも関わらず、100人を超えたのです。

 

その後、閑散期に突入。

 

キャンセル予約の枠を埋めきれず、ネイリストの相次ぐ退職。

 

『負け組? そう、わたしのことだよw』

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

2012年1月頃、ネイルサロンの登録数を伸ばすために掲載費用が1万円/月だった時代だそうです。

 

『ホットペッパービューティーをメジャーにするためさっ!』

 

 

今は、どんどんどんどん、ど・・・値上げする一方ですよね。

 

 

2016年12月年末 わたしのネイルサロンの近くの美容院に、未だに行っています。

経営していた頃によくホットペッパーの話題をしてました。

それは、今も変わってないのですが・・・(あんにゃろーー的な)

「美容室の掲載費用がアップするんです!7万円近く…・・」

ネイルサロンの掲載費用の値上げは、まだでしょうが、「本当、強気ですよ」と美容師さんがおっしゃってました。

何か、手立てはないものか。作戦を立てるそうですが…・・

 

 

まだまだ、値上げしていくのでしょうか?

 

最後まで、ご覧いただき、ありがとうございました。

 

 

ネイルサロンの売上に貢献って、ほんと!?

あなたのネイルサロンでは、「オイル」など、商品を販売していますか?

 

最近では、ネイルサロン入口に、ピアスなどのアクセサリーを販売しているお店も少なくありません。

 

『わたしも、ネイル以外での売上、なんか売れないかなぁ〜いつも、考えてた』

 

ネイルサロンを1年でクローズさせてしまい、あれこれビジネスを探している中で、見つけた一つ。

 

あなたは、『オルゴナイト』をご存知ですか?

 

ネガティブな気を吸収し、ポジティブな気の流れにしてくれる変換装置。

 

『怪しい・・・』

 

怪しいですよね(笑)

 

逆転の発想。わたしが始めたきっかけは、UVランプってネイル以外に使えない?

これです!

 

なんだろう・・・気になる方、ワークショップのお知らせをご覧ください。

 

 

 

 

この記事を書いている人

 びなっち☆ 

 認められたい、褒められたいママをサポート、びなっちにおまかせ! 

 とにかく、楽しいことが好き。

 ネイルサロン経営失敗をバネに色々と挑戦中!

 あなたのワクワクさせるイベント企画や私の起業のことすべて教えます(^0^ゞ

 座右の銘 ”充実感が生きてる証♪”

 

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です